借金の取り立てにもルールがあるので知っておくべき

スポンサーリンク
借金

このブログでは借金の返済方法や個人再生の方法などを書いていますが

今回は・・・借金を延滞した場合の取り立てはどうなのか?

そしてその対処は?

・・・いつまでも返済しないと最後はどうなる?

今回はこの部分をブログにしてみました。 

取り立てには時間制限がある

ドラマのように深夜に取り立て!

それは禁じられています。

借金の取り立ては、基本的に午前8時から午後9時までとなっています。

電話やFAXや訪問での取り立てがその時間内で可能です。

逆にその時間以外での取り立ては禁止されています。

ただし「正当な理由があれば」認められています。

ここで正当な理由とは厳密な規定はないようですが、例えば連絡を何度しても不通である・・・などが該当するようです。

連絡が取れないなら、これは仕方がないか・・・ と思えます。

督促の電話には出る事が大事ですね。

勤務先や自宅以外へ取り立て禁止

これも「正当な理由」がないのに、自宅以外の場所へ取り立てをするのは禁止されています。

例えばあなたの会社に消費者金融から電話があり

「おたくの〇〇がうちからお金を借りて返さなくて困ってる!」

などがあれば違反です。

ただし「〇〇さんいますか?」などの在籍確認はあるかもしれません。

その場合は、会社でも薄々わかりすよね?

張り紙や大声で借金の事を言いまわる

これは禁止です。

映画やテレビでよくある自宅の前で「おい!お金返せよ!」などは禁止行為です。

玄関の前に張り紙やチラシもアウトです!

他で借りて返せよ!

これもドラマでよく見かけます。

他の業者に借りて返せよ!

こういうのもアウトです。

こう考えると取り立てもソフトですね。

親や兄弟に返済を迫る

これもアウトですが、ただ家族は肩代わり返済を認められています。

ただし親兄弟が自主的返済を申し立てた時だけです。

親が自主的に・・・

息子の借金は私が返す!

これは合法ですが、あくまでも自主的にです。

これを強要するのは違反なので遠回しに強要する業者もいるようです。

取り立て対策 はこれだ

対策というかあたりまえのことをすれば、違法な取り立てはないです。

「電話連絡にはきちんと応じる」

大事なのはこれだけですね。

あなたにお金を貸してる業者にしてみても、連絡が取れて返済の意思が確認できればいいわけです。

【それでも違法な取り立てがあった場合】

①先方へ退去の意思をはっきり示すこと。

②退去しないなら警察に通報すると伝える事。

③弁護士の先生に依頼すること。

これを頭に入れておいてください

もしそれでも借金を返さなければ?

これは以前書いたブログですが、いつまでも返済をしなければどうなるのか?

ちょっと気になりますよね。

それについてはまたブログで書いて行きます!

いつも応援ありがとうございます。

参考になった!と思われた方はぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました