10秒でわかる自力で借金完済

10秒でわかる

誰にも迷惑かけたくない!

借りたお金は絶対に返す!それが自力での借金返済です。

借金問題の解決方法は大きく分けて5つになります。

①自己破産

②小規模個人再生(個人再生)

③給与所得者等再生(個人再生)

④任意整理

⑤完済(おまとめローンなど)

今回は⑤の完済、自力で借金の完済を10秒で説明したいと思います。

10秒で知りたい方は目次の「10秒でまとめ」をクリックして飛んでください。

スポンサーリンク

自力での借金完済の難しさ

借金が多くても、節約をして収入を増やして返済をする・・・これはあたりまえのことですが実際は本当に至難の業です。

例えば月収が30万円あって、借金の返済が月に3万円・・・とかですと、まだ楽ですが、月収が20万そこそこで支払いが18万円とかだとどうでしょうか?

そうなるまで借りたおまえが悪い!

・・・これが答えですが、良い悪いではなく、完済をするにはどうするのか?

それをこのブログで考えてみます。

スポンサーリンク

返済計画を表にして見直す

まずは返済計画をしっかりと表に書き写すことです。

自分の借金の残がいくらで、何年で返済できるか?自分自身の収入がいくらで毎月いくら残るか?

これもあたりまえのことですが、借金まみれになっているとこれもできない事が多いです。

現実を見るのが怖い・・・のが本音だと思いますが、本気で返済を目指すなら・・・まずはこれが大事です。

大事というか必須です。

スポンサーリンク

金利の安いところへ借り換え

次に検討することは「借り換えやおまとめローン」です。

自分の返済計画を見るとわかるように、少しでも返済計画を楽に進めることが「完済する上では大事」なことです。

そのためには金利が高いところは減らし、金利の安いところへ借り換え・・・おまとめローンも考えていいと思います。

高金利の怖さはこちらのブログの体験談をお読みください。

高金利は地獄です

スポンサーリンク

少しでも収入を増やす

返済計画ができて、返済する借金の金利も抑えたら次は収入を増やすことを考えるべきです。

それは副業が許されているのならアルバイトでもいいと思います。

逆に外で働くことで「無駄な出費は抑える」ことができるかもしれません。

このアルバイト体験談も参考にしてください。

www.hensai.online

就業規則でアルバイトが禁止されている場合は、ネット収入やポイントなどの収入も考えるといいかもしれません。

個人的には自己アフィリエイトなどがおすすめです。

スポンサーリンク

注意すべきポイント

おまとめローンなどのお話をしましたが、注意すべきことがあります。

万が一、将来何かのタイミングで「個人再生」を選択するときがあれば「おまとめローン」は逆に邪魔になる場合があります。

それは「小規模個人再生」が債権者の採決で決まるルールのためです。

詳しくはこちらもご覧ください。

www.hensai.online

スポンサーリンク

10秒ででまとめ

▽ここから10秒説明▽

頑張れば返済できる!

連帯保証人も要るし迷惑かけたくない!

無理せず返済可能・・・そんな方は返済計画を見直して、自力での返済も必要だと思います。

△10秒説明ここまで△

自力返済の注意!ただしこれには気を付けて!

借金の残債が年収を超えたらアウトかも?

こまめに返済計画を見直してください

スポンサーリンク

番外編

リバースモーゲージとは?

持ち家を担保にしてお金を借りることができる、リバースモーゲージという制度もあります。

何かと制限や条件もある制度ですが、こちらも一度ご覧になってください。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました