一般的に万が一の時の資金は生活費の6か月分

借金

今さらですが・・・お金がない恐怖感というか、心配と不安がとんでもないことになっています。

個人再生の成功で850万円の借金が減額となって現在の生活は楽になりましたが・・・それは

事故も病気も何もない状態でのことです!

もし事故や病気で入院したり・・・例えば車が壊れたり・・・

そんな万が一の状態になったらどうするんでしょう?

一般の方なら貯蓄をここで切り崩したりするわけです。

そうじゃない方は、一時的にクレジット払いやローンを組めるわけです。

債務整理者はそれができない!

ここ最近、体調が悪く検査とか行ってたんで・・・急に手術や入院事も気になり始めました。

そうすると車の事も気になるし・・・

とにかく不安です!!

これは今までなかった、また新たな感情です・・・

どれだけ借金体質だったんでしょうか・・・

じゃあ一般的に・・・万が一の資金はいくらあればいいのか?

そういう部分を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

人生のイベント別の費用は?

人生には色んなイベントがあります。

そういう大きなイベントで必要な費用はおおざっぱですが、下記のようになっています。

住宅購入費 おおよそ4200万円

衆参費用 50万円

結婚式費用 450万円

教育資金(高校まで) 520万円

老後資金 2100万円

まあ・・・年代によっては必要ない費用も入っているので、ここは僕が不安な・・・

イベントは関係ない!

事故やトラブルなど予期せぬ出費のための費用が知りたい!

そんな部分を調べてみました。

スポンサーリンク

予期せぬトラブルのための万が一の費用

色々調べましたが・・・おおよそ生活費の6カ月~1年分が「万が一の時の費用」と言われてるそうです。

これは病気やけがで仕事に行けなくなっても、その後会社に復帰するまでの期間が、約5.5カ月ということだからです。

(全国健康保険協会の現金給付受給者状況調査)

仮に失業しても9割の人が1年以内に再就職をしています。

それに大きな出費と言っても、手術台の目安は20万円ほど・・・車の修理もその程度でしょう。

そういった部分を頭に入れながら・・・

では生活費の目安は??となります。

男女によって異なりますが・・・調べるとおおよそ14万円~18万円程度です。

なので必要な1カ月の生活費は、上の18万円としてみます。

【万が一の費用計算】

6か月分の場合 108万円(18万円×6カ月)

1年分の場合  216万円(18万円×12か月)

少なくとも108万円は手元に・・・どんなことがあっても残しておかないとダメ!ってことみたいです。

できれば200万円が理想ですね。

スポンサーリンク

そんなお金ない!どうする?

当然・・・そんなお金がない方もいると思います。

そんな時にこそ、上手に借金をする必要があります。

・・・本当はそういう時のための借金なんですよね。

急な出費で借金に興味がある方はこちらのブログで詳しく書いています。

www.hensai.online

さて・・・問題は借金ができない人のための解決策です。

でも、どうしても借金ができないってわけでもありません。

債務整理をした人でもお金を貸してくれる業者はいます。

当然・・・審査も金利も厳しいです。

スポンサーリンク

なのでこれは却下!!

そうなると手は一つだけ・・・

事故や病気などに合わないように気を付けつつ・・・祈りつつ

必死で必死で貯蓄する!!

これに尽きます。

それに100万円は無理でも・・・30万円あれば当面何とかなると思っています。

スポンサーリンク

債務整理後の数カ月は大事

個人再生で借金を減額したわけですが、大事なのはここからですね。

すでに一般人以下の立場なので、債務整理後の数カ月は必死で立て直す必要があります。

特に「借金癖をなくすこと」や「無駄な消費や出費を抑える事」が大事です。

ギャンブルなんか余裕がある時にしろ!と言いたい・・・

でも!僕の場合は

またブログに書きますが・・・実は禁パチンコ再発して大きく負けました。

ヒーローノートで大きな意味での目標は達成して行っていますが、こんなバカらしいことで罪悪感を感じています。

そもそも

万が一のお金も持っていないって・・・もうクズですね・・・こうなると。

一生懸命に節約しても、予算以上にパチンコしてたら意味がありませんよね。

スポンサーリンク

万が一の資金作りのための心得はこれだ!

データーによると年間100万円以上貯めている世帯は半数近いと言われています。

そう考えると無理なく1年で100万円は貯蓄できるはずです。

無理すると・・・1年もかからないかも?

そういう事もあり僕はこうしました。

当面、30万円(使えるお金で)貯めるまではギャンブルはしません。

50万円貯めるまではプライベートで飲みに出ません(缶ビールはOK)

100万円貯めるまでは好きな旅行は行きません。

30万円は最低限の出費確保です(入院や修理など)

50万円はちょっとした支出にも耐えられる費用です。

100万円は人生の万が一費用としてです。

守れるのでしょうか?

いや、多分おおまかには守れるでしょう。

いけるはずです!!

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました