【スマホの割賦金】個人再生時の端末料金の扱いと端末代の一括返済

個人再生

個人再生などで必ず気になる事、心配になる事の一つに「スマホの機種代金」があります。

スマホの機種代金は一括で購入する方もいるとは思いますが、ほとんどの場合は割賦返済となっているはずです。

割賦での購入ということは・・・これはローンです。

ローンという事は当然債務です。

そうなると心配なのが・・・

え?スマホは返さないとダメなの?

持てないの?

そんな心配はありませんか?

僕も同じような心配はありましたし、個人再生の認可後に残債の一括返済も行いました。

今回はそんな経験を元にして「スマホの割賦支払いの扱い」についてブログにします。

スポンサーリンク

スマホは生活必需品?

まずすべきことは弁護士の先生への相談です。

自己破産や個人再生などでの「割賦返済中のスマートフォンの取り扱い」は、ある意味グレーゾーンです。

債務整理の時には借金の全てが債務整理の対象となるので、スマートフォンや携帯電話の本体代金を返済中なら当然債務になります。

ただし同時に電話がなければ連絡も取れません!

なので「割賦中のスマホ」でも裁判所に生活必需品と見なされたら

債権者リストから外してもらえます!

債権者リストから外されるので当然解約もありません。

なのでポイントは・・・

割賦金支払い中のスマホや携帯を「生活必需品」として債権から外してもらえるかどうか?

ほとんどの場合は大丈夫ですが、やはり弁護士の先生はその点の経験があるので確認をしておくべきです。

ちなみに僕の場合はスマホ購入時に一緒に購入したタブレットも「生活必需品」としてセーフでした。

スポンサーリンク

認可後の一括返済は?

認可後に機種変更やキャリアを変更するなどで一括返済をしなければならない場合もあります。

しかし裁判所で「債権リストから外れてる」であれば、それは個人再生の再生計画での債権ではありません。

僕の場合はそう解釈して、一括返済を行いました。

しかしまったく問題はありませんでした。

この部分は地域や状況によって違ってくるので、必ず担当の弁護士の先生に確認してくださいね。

スポンサーリンク

新規の契約はどうなる?

これについては色んな意見があります。

基本的に信用情報は傷つきまくっているので・・・普通に考えたら新規で割賦契約は難しいかもしれません。

でも会社によっては、購入時の審査が緩い場合もあるとの事なので一概には言えません。

・・・しかし、やはり一括購入をすることを勧めます!

もう借金やローンは嫌ですもんね・・・

スポンサーリンク

中古購入で十分!

といってもスマホ料金は高いので基本は中古スマホを買うようにしています。

ロムだけ交換すれば使えるし便利だし安い!

おまけに楽天モバイル使っているので使用料は・・・2,000円以下です!

格安SIMについて興味がある方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

www.hensai.online

いつも応援ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました