お金がなくて1,000円を借りるためにキャッシングを使う惨めな日々

借金

当サイトは、事業の失敗や投資での損失で、誰にも言えない800万円以上の借金を作り、高金利での返済での地獄の日々を送り、それを債務整理という手段で解決した日々を書いている生体験ブログです。

個人再生が認可されてから、淡々と返済をする日々が続いています。

でも最近の自分はたるんでいます。

借金で苦しんでいた個人再生前の自分は、個人再生が認可されたら色んなことをしようと決意をしていたはずです・・・でも最近はダメです。

ダメになった理由はハッキリわかりません。

ただ今は意識的に借金で苦しんでた辛い頃を思い出すようにしています。

その頃を思い出して「今の自分に喝を入れる」ようにしています。

そんな時に思い出すことが・・・たった1,000円を借りるためにキャッシングをしていた過去の日々です。

自転車操業状態の時は給料が出ると返済が始まります。

そうすると給料日直後でも手元に残るお金なんてありません。

なので借金の返済をして新たに発生するキャッシング枠の中で、再度お金を借りるようになるんですが・・・

それでも一つのカードで数千円程度の金額くらいの借入枠しかありません。

中には1000円程度しか借りる枠がないカードもあります。

そんな状態でもお金がないので必死に借りるんです。

たったの1000円程度でも借りるためにキャッシングするんです。

そうやって何枚かのキャッシングカードを利用して、集めたお金がやっと数千円になるんですが、それを小遣いにして生活します。

最初の頃は惨めな気持ちににあります。

大の大人が数千円をかき集める情けなさ・・・

でもその惨めな気持ちも慣れてきて・・・その惨めさが体に沁みつきます。

この借金体質や惨めな生活が体に沁みつくって感覚は、一般の方にはわからないと思います。

沁みつくと身体の中の血液も筋肉も全て惨めなものになりきる感覚です。

自分がゴミのように思えてきます。

生きていてゴメンナサイ・・・って気分です。

www.hensai.online

今はその頃のような1000円に困る心配もありません。

過去とは違いだからこそ頑張れることがあるのに、最近は思うだけで行動に移せていません。

気を引き締めなくちゃ・・・

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました