じゃあ実際に借金の返済督促を無視したらどうなるのか?

借金相談

借金の解決方法は大きく分けて二つだけです。

返済するか?それとも返済しないか?

究極的にはこの二つです。

例えば個人再生や自己破産は、返済しないのではなくて

お互いが話をし、それを「法的に整理」をしての結果です。

それに個人再生の場合は債務額は変わっても返済は続きます。

しかし・・・借金の踏み倒しは究極の「返済しない」選択です。

借金が苦しくて「夜逃げ」などの話もよく聞きます。

では実際に借金を踏み倒すことって可能なんでしょうか?

踏み倒すとどうなるのでしょうか?

いやいや・・・踏み倒すって具体的にはどういうことなの?

今回はブログで「借金の踏み倒し」について考えてみました。

スポンサーリンク

借金の踏み倒しとは?

借金の踏み倒しとはこのような定義と思います。

①督促を無視する

②時効が成立する

こういう状況が踏み倒しと言います。

なので督促を無視しても「踏み倒し」ではありません。

最終的に時効が成立(時効の援用)しなければ、借金の踏み倒しにはなりません。

時効の援用についてはこちらも参考にしてください。

www.hensai.online

スポンサーリンク

借金の踏み倒しは可能か?

結論から言うと可能です。

僕の知り合いの中にも「踏み倒し」をしている方がいます。

「踏み倒しは可能」ですが借金以上のものを失います。

踏み倒すためには乗り越えるポイントが二つあります。

①差し押さえの回避

②時効の援用

この二つが必要になりますが・・・①の際し押さえ回避のためには「自分の資産があるとダメ」です。

具体的には自宅や車があるとダメです、差し押さえになります。

そして給料があると給料の差し押さえがあります。

(年金は差し押さえできません)

でも高齢者ではなく普通の方が暮らしていくには、給料は必要となります。

なので・・・どこに消えたのかな債権者に分からないように「夜逃げ」するわけです。

債権者からすると、どこに行ったのか分からなければ「差し押さえ」できないわけです。

スポンサーリンク

借金にも時効が必要なのか?

当然ですが借金にも時効があります。

借金の時効は「どこから借りたのか」によって変わってきます。

【法人、金融会社に借りた場合】

借金の時効は5年となります。

【友人など個人に借りた場合】

借金の時効は10年になります。

時効は「返さなくなった日からスタート」します。

そして、請求があったり返済をしたりすると「時効はストップ」します。

時効が成立するには・・・

①時効期間を満たした

②時効の援用を伝える(口頭でも可能)

これで時効が成立となります。

スポンサーリンク

借金を踏み倒ししても得るものは少ない

借金の解決で「踏み倒し」を選んでも、実際には得るものは少ないです。

実際に踏み倒した方の話を聞くと・・・

借金はそのうち「債権回収会社」などへ債権譲渡されます。

そして債権回収会社から督促が来ます。

裁判も起きますがそれでも無視していると・・・差し押さえる物がなければ、債権回収会社もどうしようもありません。

そのうち「格安の返済金額で交渉」をしてきます。

例えば借金が300万だけど、こうなったら10万円返済すればいいです・・・的な提案です。

それも無視すると・・・定期的に督促状だけが届きます。

言えるのは・・・一生ブラックリストです。

資産も持てません。

もし仕事で働いているのなら、給料の差し押さえも怖いところです。

そんな不安を抱えて何年も何年も過ごすのなら・・・しっかりと話ををするなり、もしくは法的に整理をする方がよっぽどマシです。

【借金で人生が終わった時の13のサイン】借金返済の金策で自分の人生が終わってると実感すべき13のサインはこれだ – 人生リセットボタン借金ブログ

借金は「お金」という部分がクローズアップされがちですが

実際には「貴重な人生の時間」が消費されているのも大きな問題だと思っています。

借金の事を考える数年間を無駄にしないように、完済が難しいのなら法的な整理も視野に入れてみてください。

いつも応援ありがとうございます。

www.hensai.online

タイトルとURLをコピーしました