借金地獄で苦しんでいる人が自己破産や個人再生を考える瞬間

個人再生

借金で悩んでる方は、もしかしたらとても気になる問題かもしれません。

同じように借金で苦しんでる人は、いったいどんな時に借金の整理を考えたのか?

個人的な経験を言うと、基本的には返済に絶望感を感じた時です。

絶望感と言うのは、精神的に?時間的に?金銭的に?「無理だ・・・」と感じた時です。

実はすでに崖っぷちにいるのに、普段はそれを認めたくないんですね。

それが色んなきっかけで考えるようになったりするんです。

今回は自分の経験を参考に整理してみました。

スポンサーリンク

ギャンブルで負けた時

これは定番かもしれません。

借金をギャンブルで返そうとするのは、ある意味定番です。

借金の理由の一つにギャンブルがあればなおさらです。

www.hensai.online

明日の支払いをギャンブルで取り返そう!

そう考えて大敗した時・・・余計に状況が悪くなった時。

貴重なお金が湯水のように消えた時は、本当に辛くて・・・もう生きるのも精一杯な気持ちになります。

そんな時に、完済の気持ちが揺らいで「自己破産」や「個人再生」について考えて検索したりします。

スポンサーリンク

数ヶ月先までの支出を予想した時

あまりにもお金がなくて、それに来月や再来月に出費の予定がある時に支出の計算をします。

普段は現実を直視するのが嫌で案外しないもんです。

でも改めて自分の支出を計算する時は・・・その現実に驚いて絶望感を感じます。

先ほどもブログの最初で話しましたが「絶望感」を感じたら、借金の整理を考える事になります。

スポンサーリンク

友人と自分の生活レベルの違いを実感した時

同じような給料の友人と話をしていて、例えば友人が軽く一万円程度の服を買ったりする姿を見ると・・・急に取り残された気持ちになります。

ここは俺が出しておくから!

という感じで食事代をおごってくれたりすると・・・嬉しさ半面、自分がそうできない惨めさを感じます。

そして次に食事に行くのが怖くなります。

それは自分にお金がないからです。

友人の前でしている笑顔の下には・・・そんな余裕はありません。

そんな時に・・・今の状況から抜け出したくなり借金の整理を考えたりします。

スポンサーリンク

全額返済した時の自分の年齢を考えた時

僕の場合はこれがある意味決定打でした。

完済をしていく・・・長ければ7年以上もあります。

いまこの辛さを1年間我慢することはできます。

でもあと数年間も耐えることができるのだろうか?

その頃の自分は何歳なんだろうか?

そんな不安をかき消したくてお金を増やそうと無茶をします。

そして絶望感の上に絶望感をかぶせる感じで・・・最終的には債務整理を選んだわけです。

もし今・・・借金でお悩みの方がいるのなら、このブログが参考になれば幸いです。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました