自己破産や個人再生をしても自分の生き方は何も変わらない

シンデレラノート

個人再生をしても、その後の生活スタイルが変わらなければ、まったく意味がありません。

それは借金理由の主導的な要因が生活スタイルにあれば特にそうなります。

分かりやすく言うと事故や不足な事態で借金を作ったのなら例外ですが、借金の理由が投資やギャンブルなど自分にあれば・・・

そこを変えなくちゃ同じこと!

って言いたいのです。

言い換えれば借金をした元の原因を絶たなければ何も変わりません

さらに元の原因の周辺環境も大事です。

(例えばストレスでギャンブルに走ったのならストレスの原因)

じゃあ生き方を変えるにはどうすれば良いんだろうか?

このテーマでブログよーく書くけど、自分のためにももう一度整理します!

スポンサーリンク

借金の原因を治さなけりゃ同じことは繰り返される

自己破産や個人再生を行っていても、その原因が治っていなけりゃ同じことが繰り返されます。

投資が原因で借金を作ったのに、債務整理後も同じスタイルで投資をしていれば・・・数年後には同じような状態になっていることでしょう。

誰でも知っていることですが・・・借金が解決されると「借金をしてしまった理由」を忘れがちになります。

忘れがちならいいのですが・・・気がつけば同じ状態になっています。

これが最悪ですし、そういう借金ブロガーはたくさんいます。

スポンサーリンク

だからこそシンデレラノートは必要

シンデレラノートは自分がなりたい姿を書いてそれを現実化していく事です。

しかしシンデレラノートには隠れたテーマとして必ず書いておくべきことがあります。

それは「人生失敗の原因」です。

僕の場合は「借金の原因」になったことを書いておき、今後はそれを徹底的になくすことを書いておかなければなりません。

分かりやすく言えば・・・

「将来の夢」と同時に「今後してはならない事」も書いておく必要があるわけです。

個人再生をした原因がギャンブルなら、今後は絶対にギャンブルをしてはいけません。

でもその原因は本当にギャンブルだったのでしょうか?

実際はそこまで踏み込んで考えないとダメです。

例えばギャンブルの原因が夫婦の不仲だったら・・・ギャンブルを辞めたとしても、ギャンブル以外の何かでストレスを発散することになるでしょう。

スポンサーリンク

してはダメなことを埋めるためにするべきことを見つける

そのためにシンデレラノートに色んな夢を書きます。

ある意味「現実逃避のために夢を書くこと」もあるわけです。

 

これって意味があるのでしょうか?

今回の日曜日はアレもしたしコレもしたし!

何かをたくさんすると、とても忙しく充実したような気はしますが・・・

心のどこかで満足感はありません。

自分がしたいことを「夢としてシンデレラノートに書く事」は大事ですが

現実逃避のために数だけの夢を書いても充実感はありません。

スポンサーリンク

インドに行こうが海外に行こうが自分なんて見つからない

若い頃は「インドで自分を見つけてくる」とか言う人がいますが、別にインドに行ったところで自分がしたい事なんて見つかりません。

自分がしたいことを見つけることで大事なのは「まずは自分が興味を持つことを見つける事」だと思っています。

だからこそ色んなものを見て感じることが大切なんでしょうね。

したいことを見つけるために何でもしてみる・・・

したいことを見つけるためには何でもすることが大切です。

でも最初はそれは虚しい時間だったりします。

だって興味がない事にもチャレンジするわけなので当然です。

スポンサーリンク

借金の原因を追究して、してはダメなことを明確にする

表面的にはギャンブルが個人再生の原因だとしても、突き詰めると本当の原因は夫婦仲かもしれません。

その場合は夫婦仲を改善しなければ何も変わりません。

一概にギャンブルがダメ!

投資がダメ!

それは誰でもきっと分かっているはずですが・・・それをする事になった原因は何でしょうか?

その部分をしっかりと自分で把握しておくことが大事だと思うんです。

僕の場合は・・・心当たりがあります。

スポンサーリンク

原因根絶のデスノートを作った方が早いかも?

こうなると突き詰めるべきは、借金をすることになった行動を取ってしまった根本的な原因です。

それが解決しないと手を変え品を変え・・・またまた借金地獄、もしくは金欠地獄になります。

表面的な理由の奥にある根本的な原因は何だったのか?

ギャンブルをした理由の根本的な原因は?

それをしっかりと炙り出して「デスノート」に書き留めて

その原因根絶の意味で「デスノート」としておくのもいいかもしれません。

シンデレラノートについてはこちらを合わせてお読みください。

www.hensai.online

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました