3件以上の多重債務者は115万人!人口の1.1%の多重債務者はどう生きていくべきか?

借金のアドバイス

金融庁/消費者庁/厚生労働省(自殺対策推進室)/法務省が作成した「多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向」よれば3件以上の(無担保)多重債務者は115万人、そして5件以上の借入がある多重債務者は3万人いるとされています。

18歳以上の日本の人口数が約1億人と言われているので、かなり大雑把に計算してみると・・・

18歳以上で、1.15%程度の人が多重債務者って事です。

1億分の115万人なのでそうなりますよね?

(18歳以下の多重債務者はいないであろうとしての計算です)

ここを読んでいるあなたは・・・きっと多重債務者でしょう?

もしくは過去に多重債務の経験がある方でしょう?

じゃないと他人の借金状況なんて興味ありませんよね?

借金がなくて幸せな方は読む必要ありません!

今後も借金をしない生活を続けてください。

ここから先は「1.1%の多重債務者が読むブログ」となります。

では多重債務者は今後どのように生きて行けばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

多重債務者はまず返済計画表を作れ!

やっぱりね「返済計画表を作れ」もうこれに尽きます!

多重債務者ってね、たくさんの金融業者からお金を借りているのに、実は返済元金や金利、返済期間などを正確に把握していない方が多いのです。

その上で、今後の生活支出・・・例えば日々の生活費以外で、車の車検代金や、何かの時出費や医療費、冠婚葬祭費用などを計算していなかったりします。

言い換えれば・・・

支払う金額も知らないし、借金の返済が終わって、まともな生活ができる時期も知らない上に・・・

さらに一年間の支出も予想できていなかったりするんですよ。

そんな雑な収支しか把握していないので・・・

もう終わっています!

だからこそ!怖いけどしっかりと自分の借金や生活費に目を向けて「返済計画表」を作る必要があるんです。

僕は返済計画表を作ることで・・・借金を一生返済できないと自覚しました。

計画自体ができないと気がついたからです!

返済表についてはこちらのブログも参考にしてください。 

これが借金地獄だ!借金地獄の返済表を公開します

スポンサーリンク

今後も借金をする可能性があるかどうかを把握しろ!

借金の計画表を作成したら、今後も借金をする可能性があるのか?その部分しっかりと分析しましょう。

先ほどの多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向」よれば、借入の目的はこうなっています。

①「生活費不足の補填」45.0%

②「欲しいもの購入への資金不足のため」22.5%

③「クレジットカードの支払資金不足の補填」20.5%

これを見ると分かりますが、今後も借金をする可能性はどうなのか?、本当に生活費や購入資金で問題がないのか?

それと今の借金返済のために、さらに借金をする可能性があるのか?

この部分で今後も借金をする可能性があるのかを予想はできます。

簡単に言えば・・・将来必要とされる(予想できる)費用をしっかりと計算して出したうえで、さらにお金が足りなくなるのか?ここがポイントです。

足りないのなら・・・現状ではもう終わっています。

スポンサーリンク

収入を増やすことが可能なのかを考えろ

どうしても今後の生活でお金が足りなくなる・・・と、答えが出た方は、お金を借りるのではなく、今の収入を増やせるかどうかを考えてみましょう。

例えば、仕事以外でアルバイトなどをして収入を増やせるのか?

それとも生活費を節約して、お金を作ることができるのか?

実は保険や通信費を節約するだけで、月々数万円程度のお金を作ることもできます。

返済計画表を作り、返済するための収入を作る方法を考えると、将来の自分の姿がハッキリと見えてきます。

恐ろしいけどハッキリと見えます・・・

僕の場合は下流老人の姿しか見えてきませんでした・・・

下流老人についてはこちらで解説しています。

下流老人チェックシートと高齢者の借金

スポンサーリンク

返済できない時に絶対にしてはいけない事はこれだ!

「多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向」よれば「3年以内借入経験者」のうち、『無登録業者(ヤミ金融)』の利用経験がある者は4.6%となっています。

ヤミ金の利用目的は「借入れが限度額に達した 28.4%」となっています。

返済に困ってヤミ金に走る人もたくさんいるんです。

それどころか・・・返済苦で家庭を犠牲にしたり、自分の命を犠牲にしたりする方もいます。

犯罪行為に走る人もいるのが現状です。

でも気持ちは大いに分かります!

そんな事は人として終わっているから、やってはダメだと知っているんですよね?

でもね、その時はそれしかないと思うんです・・・僕もそうでした。

ただ・・・それをしたら、他にもある解決方法を選択する事が難しくなります!

絶対にしてはいけません!

スポンサーリンク

収入も増えないし返済も無理なのにどうやって解決するんだよ

ここまで読まれたら方は「収入も増やせない」「返済もできない」そんな方々だと思います。

まあね・・・わかります。

僕も同じでした。

そうなると無茶な投資やギャンブルに行っちゃうんですよね。

そこでさらに傷口を広げちゃうわけです。

お金がなくて返済ができなくて、家族のお金にも手をつけたくなり、家の家財を売りたくなり、病院代を使ってギャンブルをしたり・・・そして

激しく自己嫌悪!

こんな自分の未来なんて絶望的でも当然だ!

そう思うけど・・・間違えています!

借金なんてね、返せない時は返せない手続きをすればいいんです。

それ以上傷口を広げて、迷惑をかけるのはやめましょう!

借金のために大切なものを傷つける不要な勇気を、借金を法的に解決する勇気に置き換えましょう!

スポンサーリンク

借金を法的に解決した時の気持ちを語ります

でも実際に、法的に解決するのって未体験の事なので怖いですよね。

バレるの嫌だし!

それに大事なお金を貸してくれた人に迷惑をかけたくないし・・・

バレるの嫌だし!

ただね・・・ハッキリいいますが、今のままではお金を返したい人に返す事は難しいです。

余計に迷惑をかけますよ。

だったら債務整理をして、その後にしっかりと恩を返す事が大切です。

今、借金の債務整理で悩んでる理由は何でしょうか?

返済計画も無理で、収入も増やすことは無理で・・・返済は不可能なのに迷惑をかけたくない?

もう迷惑かけまくりですし!今後ももっと迷惑かけます!

結局は本心では「バレるのが嫌だ!」って思う方が多いのではないのでしょうか?

だったら恥も外聞も捨てて、債務整理しましょう!

せめて弁護士の先生に相談しましょう!

僕はすべてを話して、債務整理して良かったと思っています。

もっと早くにしておけば、きっと失うものも少なかったんだろうと・・・と、今では少し後悔もしています。

弁護士の先生との面談に抵抗を感じる方は、こちらに心境を詳しく書いています。

ぜひ参考にしてください。

いや!絶対に読んでください!

【実際に弁護士に相談】弁護士事務所へ借金の相談に行った体験談

別に弁護士の先生に話したからといって

誰かにバレる訳もないし!

債務整理をする必要もありません!

でもね・・・相談する事で、気持ちはかなり軽くなります。

何かの薬を飲んで元気になるような感じです。

まずは無料相談だけでも絶対に違ってきます!

人口の1.1%の多重債務者でも・・・諦める必要はありません。

絶対にやっていけます!

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました