【依存症の末路】ギャンブル依存症の父親の末路が悲惨すぎたので読んでみて!

ギャンブル

昔からの読者の方はご存知だと思いますが、私の父親は高齢者のギャンブル依存症です。

誕生日で子供からの小遣いも「これでパチンコに行ける!」と、本人を目の前にして喜ぶ中毒です。

自分が打っている台が、ST機なのかどうかも知りません。

ただ・・何も考えずに打つだけです。

気になる方はこちらの記事もぜひ読んでください!

【ギャンブル依存症の末路】 父親は末期のパチンコ依存症、高齢者のパチンコ依存症はこれだ

そんな父親にも、とうとう依存症の末路と言える時期が来ました。

高齢者のギャンブル依存症の末路がどうなるのか、ぜひお読みください。

スポンサーリンク

ギャンブル依存症の父親が肺がんになった

以前から肺の弱い父親でした。

肺が弱くて軽い肺気腫と言われていたので、呼吸器はつけずに生活していたんですが、そんな状況なのにタバコの煙で辛いはずのパチンコに行きます。

当然、僕も他の身内も「パチンコやめたら?」「マスクくらいしたら?」などと健康に気遣い声をかけますが、そんな意見なんて聞きません!

最近では「そんなに好きなら好きなようにしたらいいかも?」と、老後くらい好きなことをしてもいいかな?と諦めていました。

そんな父親が体の不調で病院に行くと、肺に癌があることが分かりました。

肺がんです・・・

いつかは?と覚悟はしていましたが「まさか肺がん!」と、本人も家族もショックです。

肺がんの原因はハッキリわかりませんが、もちろんパチンコ店での受動喫煙も大きな原因だと思われます。

スポンサーリンク

肺がんの父親が発した言葉

その日からは当然パチンコも行かずに、何度も精密検査をする日々です。

まだ具体的にどのように治療をするのか?

手術が可能なのか?

抗がん剤の治療となるのか?

それとも・・・

まだ具体的なことは決まっていません。

そんな時に何気ない会話の中で、ちょっと気になったので聞いてみました。

「さすがにパチンコに行きたいとは思わないよね?」

肺がんの原因でもある、パチンコ店での受動喫煙を当の本人も知っているはずなので・・・後悔している事でしょう。

父親から返ってきた言葉は・・・

「行けるなら行きたい!」

驚きました・・・なぜそこまで行きたいのか分かりません。

スポンサーリンク

それでも毎日酒は飲む

パチンコだけではありません。

もちろんパチンコは行きたいけど、結果的に行けないということなんですが、お酒はそうじゃありません。

まだ禁止はされていませんが、今はお酒も控えるべきです。

でも飲みます。

おまけにお酒を飲んでも大丈夫な持論を展開します。

父親は・・・パチンコ依存以上に、アルコールの依存症でもあります。

スポンサーリンク

父親が依存症の末路を迎えて思う事

僕は「パチンコが悪い!アルコールが悪い!」とは、あえて言いません。

悪いのは依存する体質です。

何かに依存していると、高齢者になるともっと依存する範囲が広くなると感じました。

うちの父親は、仮にパチンコじゃなくても、他の何かに依存する事でしょう。

そして依存する事は誰でもあることです。

それはとても身近にあります。

父親を見て思うのは、依存する体質があれば悲しい結末になるということです。

父親の場合は、パチンコとお酒ですが、実際には他にも依存しまくりの体質です。

でもね、もし元気でいてくれるなら・・・

好きなだけパチンコもして

好きなだけお酒も飲んで欲しいと思います。

矛盾していますよね?

でもこれが今の気持ちです。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました