【簡単査定】借金整理をする前に自宅の査定をしておくべき理由はこれだ!

住宅ローン

自己破産や個人再生で借金の整理を考えている方の中には、自宅や不動産資産などを保有している方もいると思います。

僕も自宅を保有していました。

自宅がある場合はどうすればいいのか?
この部分を勝手に悩んで、自分で勝手に結論出している方も多いと思います。

僕の場合も、勝手に思い込みをしていて・・・今考えると結果的に損をしたと思います。

もし不動産資産をお持ちの方がいるのなら、今回のブログをぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

債務整理時に不動産資産があっても怖くない

借金で悩んでる時によくある「思い込みパターン」が二つです。

①どうせたいした資産価値なんかない・・・と思い込むパターン
②どうしても不動産を守りたいパターン

この二つに分かれると思います。

中には「さっさと不動産を売却してしまいたい!」と思われている方も多いかもしれません。

不動産の資産があれば、結構煩わしい気持ちもします。
でも実際はそこまで怖くありません!

スポンサーリンク

最初にすべきことはローンの確認

不動産ローンがなければ問題はありませんが、借金で苦しんでいるのならほとんどの場合はローンが残っているはずです。

まずすべきことは、住宅ローンを組んだ時の契約書を確認し連帯保証人を確認することです。

あなたが借金の整理を行うのは良い事なんですが、その時点で連帯保証人に一括返済の督促が行われる場合があります。

他人に迷惑をかけないように真っ先に確認をしておくべき重要な部分です。

同時に保有している資産の謄本も取り、自宅の名義が誰になっているかも確認しましょう!

稀に、自宅の一部が家族の誰かの名義になっている場合があります。

要確認です!

スポンサーリンク

自宅の評価価値を見極めよう

次にすべきことは自宅の評価価値を知ることです。

固定資産税から評価価値を知ることはできますが、ほとんどの場合は不動産会社の査定結果を参考資料とします。

不動産会社によってかなりバラつきがあるので、複数の会社の無料査定を取っておくことが大切です。

この時に気を付けることは「壁が壊れていようが気にしない事」です。

実際に買い取る方は必ずリフォームをするので気にしないで査定してください。

 

不動産会社が持ってくる最低価格を見て、今残っているローンはいくらなのか?
差し引いた額はどの程度なのか?

それによって個人再生などを行う場合の返済金額が決まります。

簡単言えばこうなります。

【自己破産の場合】→自宅の売却(ローンが残っていても売却)

【個人再生の場合】→自宅の価値と個人再生で減額した借金の額を比較して多い方で返済

【連帯保証人が残っている場合】→弁護士と事前に相談

といっても、まずは自宅の査定価格が分からなければ前に進みません。

スポンサーリンク

借金で自宅の査定を考える時のまとめ

借金で頭がいっぱいなのに、自宅や不動産の査定まで頭が回らないよ・・・

実際に、借金で困っている時はそれほどまで追い詰められて、それほどの余裕はありません。

 

でも経験者が言います!

早めに査定だけでもしておくと、いきなりすべきことが見えてきます!

もしかしたら借金を返済しても、かなりお金が残るほどの価値かもしれません。

もしかしたら借金を返済しつつも、そのまま住んでいけるかもしれません。

 

まずは査定をしてください。

僕も無料の査定は3件ほど受けました。

 

不動産会社によっては100万円単位で変わってきます。

もちろん無料はどこまでも無料です!

怖がらずに無料の査定を受けることをお勧めします!

【自宅の評価価値を知りたいときは無料査定を利用してください】

ネットの無料査定はどんどん利用してください!

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました