コロナウィルス破産!臨時休校で借金をする人が激増するので早めの対処を

借金

政府は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中高校に臨時休校を呼び掛ける異例の対応に踏み切りました。

「全国全ての小学校、中学校、高校、特別支援学校に、3月2日から春休みまで臨時休校を行うよう要請する」。首相は27日夕に急きょセットされた対策本部の会議で、こう表明した。

呼びかけるといっても実際は「国からの指示」です。
これによって日本中の子育て世代の親は大変な思いをしています。

遅かれ早かれこういった対処ができるのは予想されていましたが、だったらなぜもっと早くに「入国禁止」などの処置をしなかったんでしょうか?
もしくは丁寧な首相からの説明や、臨時休校によって予想される問題についてのバックアップなど、課題は山積みです。

スポンサーリンク

臨時休校によって働けない人が出てくる

さて・・・これによって問題となる中の一つで「働きたくても働けなくなる人」があります。
こんな方がたくさん出てくるではないかと思われます。
もっと極端に表現すると「働かなくちゃ生きていけない人が働けなくなる」ということです。
誰でもお分かりだと思いますが、子供を預けて働く親としては、いきなりの出来事で子供を誰かに預ける事もできません。
もし国の指示がもっと早く、そして猶予期間を数日でもおけばもっと展開は変わったでしょう。

お金に心配がなく貯蓄がたくさんある人なら問題はありません。

ところが貯蓄もなくギリギリの生活をしている方や、すでに借金をしている方にとっては死活問題です。

スポンサーリンク

収入が減るので生活費は足りなくなる

臨時休校によって「働きたくても働けなくなる」人は増えると予想されます。
また借金をしていて返済したいのに給料がいきなり減って返済できない方も増えると思います。

【臨時休業で働けなくなったAさん】
例えばのお話をします。
Aさんは毎月23万円の収入があったのに15万円に減る場合も十分にあり得る話です。
Aさんはシングルマザーで女手一つで子供を育てています。
そんなAさんも臨時休校で子供の世話をしなくてはならず、働きたくても働けなくなりました。

じゃあ足りない8万円はどうするのか?
貯蓄があれば臨時で切り崩せばいいでしょう。
でもそんな貯蓄もない時はどうするの?

【臨時休校で借金返済ができなくなるBさん】
Bさんは借金返済で毎月ギリギリの生活をしています。
来月も給料でなんとか返済をする予定なのですが、今回の臨時休校で働く時間がなくなりました。
これによって収入が大幅減です。

では次の返済のためのお金はどうするの?

このような現象はこれからどんどん出てくると思われます。
コロナウィルス破産です。

スポンサーリンク

臨時休校とセットで考えるべき問題

臨時休校は必然的に必要な措置ですが、同時に働きたくても働けない方も激増するわけです。
政府としてはそこまで考えて指示を出すべきじゃなかったのでしょうか?

例えば臨時休校によって子供の育児が発生する場合は、在宅ワークに切り替えるなどの措置を企業に求める。
もしくは臨時予算を組むなど、他国ではそのようなバックアップもしています。

でもこのような事を考えて、臨時休校によって副次的に発生する問題も心配ない方が指示を出しているんだから仕方がありません。
お金がある人は、お金のない人の気持ちなんてわからないもんです。

スポンサーリンク

コロナウィルス破産にならない早目の対処

育児が必要な家庭や、2週間でも仕事を休んだら生活ができない方、借金返済でギリギリの生活をしている方は今後コロナウィルス問題がどうなるのか予想できない状況を考えて早目の対処が必要です。

【コロナウィルス破産回避のための対処法】
①2週間程度の生活費の確保の計算
②子供を任せることができるようにする
③生活費が足りない時のための保険や貯蓄の切り崩し
④2週間分の生活費を事前に借入しておく
⑤借金しても無理な場合は自己破産(理由が理由なので弁護士相談)

まずは働く環境を作る事で収入を確保するのが一番です。
同時に収入が減少した場合にどの程度までなら耐えられるか?予想しておきましょう。
その上で資産の切り崩しか、臨時的な借り入れも検討してもいいと思います。
そのいうな事前の対処が無理で、借金が返済できずに破産が不可避な場合は、早めに弁護士へ相談しておくのも大切です。

【スポンサードリンク】

今回のコロナウィルスですが政府の対処は後手後手に回っています。
そしてそのしわ寄せは自分自身の生活に回ってくるので注意が必要です。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました