餅田コシヒカリも苦しむリボ払い地獄について語ろう

リボ払い

男女お笑いコンビ「駆け抜けて軽トラ」の餅田コシヒカリさんが日本テレビの「今夜くらべてみました」に出演し、ご自身の借金生活を明かしました。

カトパン似で有名な人気上昇中の餅田コシヒカリさんが、「基本貯金残高が0円です」と告白し、さらには「コンビニ弁当でクレジットカードを使っちゃうんです。そしたら、リボ地獄にハマっちゃって…。今、借金が減らない。利子で、ずっと20万のまま」と、リボ払いで利子だけを払い元金が減らないことを語りました。

結構身近な借金であるリボ払いですが、その利息は手数料という名目なのでちょっと勘違いしちゃいそうですよね?

今回は身近な借金であり、実は最高に金利の高いリボ払いの恐怖についてブログでまとめます。

スポンサーリンク

リボ払いとは?

リボ払いとは、クレジットカードや消費者金融により利用代金を支払う方法で、毎月定額または残高の定率を支払う方法です。

例えば毎月の返済額を定額の1万円としておくことで、何回使おうが定額以上の支払いは不要です。
ただし返済期間中は手数料がかかります。
この手数料が曲者で実際は借金の金利と同じです。

結果的に最悪の場合は永遠に手数料という名の金利だけ払う事になり、借金が減らない事になります。

スポンサーリンク

リボ払いの一般的な手数料率は?

リボ払いの一般的な手数料率は実質年率15.0%となっています。
もちろん使っているカードの種類によって年利は違うのでリボ払いを考えている方や新規でカードを作る方はしっかりと確認して使用してください。

リボ払いの手数料=金利はカード会社によって違う
スポンサーリンク

リボ払いで注意するポイント

リボ払いで最も大きなデメリットは先ほどもご説明した手数料率の高さです。
なのでリボ払いをする時は、結果的にどの程度の支払いになるのかを必ずシミュレーションしてください。

例えば30万円の商品を購入し金利15%の手数料でリボ払いを定額5000円でするとこうなります。

30万円を毎月5000円でリボ払いしたらこうなる
返済期間9年4カ月
返済回数112回
返済総額557976万円
返済利息257976万円(手数料)

リボ払いはその手数料が高めに設定されているので、結果的に手数料の返済でいっぱいとなり借金自体がなかなか減らないケースとなります。

そんな状態なのに毎月の返済金額が一定なので「借金をしている感覚」が感じられずにどんどん利用金額が増える事が多いです。

リボ払いで注意すべきポイント
1.返済期間の確認
2.返済手数料の確認
スポンサーリンク

甘く見てはならないリボ払いのまとめ

リボ払いには高い手数料が発生するというデメリットがあるので、カード会社のホームページで随時利用状況を確認してください。
毎月のカードの利用回数を自分で決めておくなども必要です。

リボ払いは月々の支払金額を決めて、手元にお金がない時でも欲しい商品を購入できるメリットがあります。

その反面、餅田コシヒカリさんのようにリボ払いを乱用し苦しむ人も増えています。
後々痛い目にあわないためにも十分に注意して上手く利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました