空気階段・鈴木もぐら、ギャンブルで借金700万円を語るうちに気が付いたヤバさ

借金ニュース

お笑いコンビの空気階段の鈴木もぐらさんが『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演し、自分の借金について語りました。

鈴木もぐらさんは18年に結婚し、長男が誕生したにもかかわらず生まれてから約1年、息子に10回しか会っていないとのことです。
さらには現在、ギャンブルによって700万円の借金がある上、妻子は実家の北海道で暮らしており別居中。

そんな鈴木もぐらさんはギャンブルやタバコをやめてほしいと妻に懇願されても聞き入れる事ができず、最初は番組出演も軽い気持ちで受けたのですが、番組のために打ち合わせを重ねて自分と向き合ううちに自分のヤバさに気が付いたとのことでした。

やっぱり借金持ちはブログをしたほうがいい

スポンサーリンク

借金持ちは自分の借金人生を整理してみよう

鈴木もぐらさんのニュースを見て本当に思う事は、借金持ちは文字などで自分の借金人生を振り返る事だと思います。

いつもよく拝見するブロガーも、過払い請求のためにご自身の借金をパソコンで整理している時にヤバさに気が付き、僕自身もブログで自分の借金をまとめるうちに自分のクズさに気が付きました。

もちろんクズだということは知っているのですが、それでも一般の人と同じ世界にいるクズだと思っていました。

でも債務整理までするような人間は、一般の世界にいるクズではなく、底辺の中の底辺でありクズなんです。

スポンサーリンク

借金持ちは一般人と思考の仕方が違う

借金持ちはそもそも考え方から間違えています。
ギャンブルなどで借金を作った人は、さらに借金をしてギャンブルをしようとします。

借金をする人はそれを悟られまいと思って平気で嘘をつきます。
そして知らず知らずに周りの人を傷つけています。

スポンサーリンク

過去を整理してこそやり直せる

借金持ちは借金を返済すれば、今の人生をやり直せると考えてさらに借金を重ねます。
仮の話ですが、例えばギャンブルで借金を返そうとか考えるわけです。

でも一つ言えることは、借金は返しても変わりません。

大切なのは借金を返すまでのプロセスと考え方を変える事です。
もし考え方を変えなければ、借金が一時的になくなって、きっと同じような理由で借金をするようになります。

そういう意味では自己破産よりも個人再生のほうがやり直す率は高いかもしれません。
今回は鈴木もぐらさんの番組を観て感じることをまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました