【HTTP403】Forbiddenは「閲覧禁止」「禁止されています」の意味

無断転載

f:id:hennsaisurude:20180706165459j:plain

やっとマネーフィードの件で動きがありましたね。

おそらく先方もやっと気がついたことでしょう。

とりあえずは今は閲覧ができません。

エックスサーバーが対処したのか?

それとも自分で閉鎖したのか?

それとも・・・とにかく魚拓にはしっかりと残っています。

あくまでもネット上で閲覧できなくなっただけなので、根本的な解決にはなりませんし・・・

そもそも、この程度で終わらせるつもりは・・・1㎜もありません

いま・・・サイトを見ると勝利の403エラーが出ています・・・

みなさんとりあえず最初の段階はクリアしました。

スポンサーリンク

 403エラーとは?

403エラーとはWordPressなどのサイトに多いエラーなんですが、分かりやすく言うとアクセス禁止を意味します。

例えば

ドメインの設定をしていなかったり

サーバーから制限を受けていたり

設定ミスや傷害など

そういう場合があります。

スポンサーリンク

パクりサイトがなぜ403エラーなのか?

これは明らかにサーバーが何かの対処したという事です。

悪質な犯罪サイトなのでアクセス制限をしたか?

それとも警告を受けて本人が閉鎖したか?

どちらにせよ・・・この動きになることはわかっていました。

開示請求を送って約1週間経ったので・・・

時間を逆算してもぼちぼちだと思っていました。

スポンサーリンク

今後の展開は?

ここから先は「裁判なども含めた行動も予想」されています。

基本的に証拠があれば確実に大丈夫ですし、すでに相談も行動も行っています。

以前ブログにも書きましたが、民事上の解決と刑事罰の両方があります。

こうあります・・・

被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)。著作権、出版著作隣接の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格、実演家人格の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

(著作権法119条1項)。

ちなみにこれが法人の場合はもっと厳しいです。

法人の場合には3億円以下の罰金刑が科せられることになっています

(著作権法124条) 

僕の場合は、面倒くさい裁判はこの1年近くで慣れすぎたので・・・まったく苦じゃありません。

サイト閉鎖くらいで納得はしていません。

きちんと最初に対処してくれたらここまでする気もありませんでした。

とにかく魚拓からスクショ、ソース・・・すべて残しています。

今後の展開がどうなるのかはわかりません。

でも結果は分かっています。

マネーフィードさん・・・他のアフィリエイトサイトがまだ公開されていますよ。

タイトルとURLをコピーしました