女性の体験談からわかるひととき融資の実態と対処方法

ひととき融資

お金に困っても、どこの金融業者からもお金を借りる事もできない状態になると、借金でパニック状態になり崖っぷちに陥った人は、普段の自分では考えられない考えや極端な行動に走ることがあります。

これは借金で苦しんだ人、自転車操業で苦しんだ人ならきっと経験があることだと思われます。
そんな考えられない行動で最近問題になっているのが「ひととき融資」です。
問題となっているのはSNSなどを利用し「ひととき融資」という条件で、個人間お金の貸し借りを行う行為です。

今回はネット上の体験談をもとに、ひととき融資の実態対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク

ひととき融資とはなに?

ひととき融資とは「ひとときを過ごす」条件で、個人間でお金の貸し借りをおこなう行為です。
担保も必要なくその場でお金を渡すことになるのですが、その際に肉体関係を条件にしたりします。
「ひとときを過ごす」=「肉体関係を持つ」ことを条件にした個人間のお金の貸し借りをおこなうことから「ひととき融資」と呼ばれています。
※友人間での貸し借りとはまったく別です。

スポンサーリンク

ひととき融資の問題点

ひととき融資は個人間の貸し借りだけでなく、相手に代償を求める行為によって問題が多く発生しています。

ひととき融資は貸金業法違反

登録をしていないのに「業として」貸金業を営んでいた場合は違法となります。
ここで問題になる「業として行う」とは、「反復継続して社会通念上、事業の遂行とみることができる程度のものである場合」をいうとされてます。

そういう理由もあり、営利目的及び不特定多数を取引対象とすることを問わないので、ひととき融資は貸金業違反となります。

高金利の場合は出資法違反

ひととき融資でさらに問題となっているのは、お金を貸した女性から法外な金利を取り立てることです。
もちろんお金を貸す行為自体も違法となる場合があります。

強制わいせつ罪など

女性にお金を貸す行為を餌にして肉体関係を求めたりするので、これは違法行為になる可能性があります。
仮に女性が同意していたとしても売春などの罪を問われる可能性があります。

ひととき融資は違法行為になります。
貸している側も、そして借りる側にも問題があります。
ただそれでもお金が必要な方が多いのも現実です。
スポンサーリンク

ひととき融資の体験談

相手に要求された画像を送った女性は「融資をほのめかす男から、『芸能人だと誰に似てるの?』とか『まずはエロい写真を見せて。“実戦”の時にお金を貸すから』と言われて、服を脱いだ画像を正直に送ったのに音沙汰なし」

数年前に自己破産してブラックリスト入り、金融業者も利用できない女性は「最初は個人間融資掲示板で知り合った男性から5万円を借りて、2万5000円の2回払いという約束を守れなくて、その都度、ひとときで弁済しました」

まだ、ひとときには応じていない主婦も「子供にひもじい思いだけは絶対させたくない。返済ができなかった場合は、ひとときで…」

一時的にでもお金が欲しい!そんな弱い立場を利用しての悪質な「ひととき融資」が問題になっています。
スポンサーリンク

ひととき融資の対処法

すでに、ひととき融資で借りてしまって関係を迫られたり、また返済で苦しんでいる人は、返済の拒絶で対抗も可能です。
相手も負い目があるので、毅然とした態度でしっかりと拒絶するのもかなり効果があります。

ただし中にはしつこく返還請求をされる人もいます。
その場合の対応として、弁護士への相談を行って法的に解決することができます。

もちろん、あなたが嫌がる行為や脅迫などを行うこともありますが、すべて弁護士へ相談すれば問題は解決します。

まずは匿名でも構わないので状況の説明を無料相談で行うことが解決への近道です。

弁護士への相談はどうなるのか?
こちらでも詳しくご説明しています!併せてご覧ください。

弁護士費用を分割でき債務整理に強い弁護士へ相談する二つのメリット

 

 

タイトルとURLをコピーしました