パチンコ店は禁煙化でなにが変わって今後どうなるのか?

ギャンブル

禁煙になるとパチンコ店客は減ると言われていましたが、実際にどう変わったのか?現場はどうなったのか調べてみたいと思います。
ご存知のように4月1日より、全国のパチンコホールが一斉に禁煙化されました。

これは健康増進法の改正を受けたもので、パチンコホールだけではなく、飲食店等の屋内型施設はほぼすべてが対象となりました。

ちまたの意見では禁煙化になると「もうパチンコ店はつぶれる」などと言われていましたが、個人的意見では正反対で「これで客が増える」と思ってます。

今回はそんな憶測や願望を確認する意味でも、近所のパチンコ店を調査した結果をまとめます。

スポンサーリンク

禁煙で客が減るというのは喫煙者の意見

そもそもパチンコ店にタバコ好きだけが集まっていると思っているのなら、それは古いイメージです。
実際は、パチンコ店くらいじゃなきゃ、タバコをゆっくり吸える所がないので行く・・・といったほうが近い感じです。

そして、ここ最近の禁煙化で、パチンコ店の客もタバコを吸わない非喫煙者の客が増えてきています。
そうなるとパチンコ店の中でも、タバコを吸う客は吸わない客からすると煙たがられる存在となります。
実際にここ最近のパチンコ店では喫煙者はぐんと減っています。

禁煙ホールがあれば行きたい!
実際にそう思っているライトユーザーも多く、空いた時間にパチンコで時間つぶしで遊ぼうにも「タバコの匂いが身体に着くのが嫌」でパチンコ店に行かない方も多いはずです。

「パチンコか・・・でも臭いから嫌だ!」と思っている人もかなりの数でいます。
結果的に少数の喫煙者のために多数の非喫煙者嫌な気分になるのが現在のパチンコ店です。

スポンサーリンク

禁煙にすると客が増える理由とは?

禁煙にすると客が減るどころか増える可能性が広がります。

これは禁煙化によって、喫煙者以上に多くいる「タバコの煙が苦手な非喫煙者」を顧客にできるチャンスが広がったためです。

禁煙化で他店より客を増やすのはパチンコ店の営業努力

ただ禁煙化になったからといって何もしなくても客が増えるわけではありません。

今までは行く気も起きなかったパチンコ店だけど、あくまでも禁煙化になり非喫煙者が通いやすくなっただけなので、ここからどうやって客を増やすかは店の腕の見せ所です。

出玉ではない快適空間としての部分で勝負して欲しい

以前からブログでもご紹介していましたが、パチンコ店のメリットは工夫次第では高齢者の憩いの場になりえるということです。

真夏の炎天下、冬の寒い日に、車も運転できないお年寄りが外出するのはかなり大変です。
そもそも趣味がなければ家に引き込みりっきりになります。

ところがパチンコ店に行くと空調はよく、不自由な場合はスタッフが来て優しく案内してくれます。
寒ければブランケットを持ってきてくれ、ドリンクも持ってきてくれます。
最近では月に5000円程度の定額制での飲食もできるお店も出てきました。

トイレもきれいだし、汚しても誰も怒りません。
そして禁煙化になると空気も良く、これでパチンコをしなければ高齢者にとっても快適な空間です。

スポンサーリンク

出玉やギャンブル性を求めるのならパチンコをするな

パチンコ店で負けると激しく腹が立ちます。
負けが続いてお金が無くなると、その怒りは激しい憎悪に変わります。

負けたのは店の責任、勝ったのは自分の実力

負けた時のその悔しい気持ちはよくわかるんですが、自分の意志でパチンコに行っておきながら憎悪するとは??

俺が負けたのは店のせいだ!っていうくらいなら最初から行くなよ・・・ってパチンコをしない人は思うはずですが、パチンカスは他人の責任にします。(この感覚がずれています)

たしかに気持ちは分からなくもないんですが、じゃあ最初から行くなよとしか言えません。
パチンコ店のスタッフが自宅まで来て、強制的に店に連れていかれたのなら別の話ですが・・・まあそれが自分で制御できないから依存症って言われるんですよね。

断言する!パチンコ店は負ける場所である

そもそも勝つということを前提にするから、パチンコで負けたら悔しいわけです。
たとえ99分の1の確率の台で1000回ハマろうとも、10回も店に行って一回も勝てなくても、それは仕方がないと思うしかありません。

だってパチンコ店は企業が儲けるために営業しているんです。
胴元がいるギャンブルは必ず負けるようなっています。
そもそも客に負けてもらわなくちゃ困るんです。

客が負けるための目的で営業している場所へ行き、勝てないからと文句を言っても仕方がありません。
こんなことを書くと「勝てると煽るパチンコ店が悪い」って意見も出そうですが、そんなこと行く前から分かっている事です。

断言します!パチンコは確実に負けます!

スポンサーリンク

パチンコ店が禁煙になると今後はどうなるのか?

実際にパチンコ店が禁煙になると今後のパチンコ店はどうなるのでしょうか?

禁煙後のパチンコ店をシミュレーションした

禁煙ホールを参考に禁煙後のパチンコ店をシミュレーションします。

店内は想像以上に空気がきれいになります。
もともとパチンコ店は喫煙者を想定しての、業務用の強烈な排煙、換気の設備を入れています。
これがフル稼働するのでかなり快適になります。

【パチンコ店におすすめの除菌消臭剤はこちらからどうぞ】

ただし負けて悔しい客の一部は、マナーを守らずにタバコを吸う人も出てくるでしょう。
そうなるとスタッフと客の間での禁煙に関してのいざこざはあることでしょう。

そして禁煙化になることによって、パチンコ店はギャンブル性だけでなくお洒落で快適な空間作りも進むはずです。
景品にしてもタバコの匂いが付くために敬遠されていた衣類も置かれるようにあるでしょう。
例えば100円以内の景品として、くつしたとかも出てくると思われます。

臭くて煙たくてうるさいイメージのパチンコ店が大きく変わると思われますし、それについていけない昔ながらの営業をする店は淘汰されるのではないかと思われます。

禁煙化でパチンコ店はこうなる
1.強力な空調で快適な空間
2.臭い煙たいイメージが消えてお洒落化する
3.衣類などの景品も増える
スポンサーリンク

パチンコ店が禁煙になると非喫煙者はどうなる?

パチンコ店が禁煙化しても、それが理由で非喫煙者がパチンコをやめることはないでしょう。
中にはやめる方も多少はいるとは思いますが、そもそもギャンブル依存症はその程度のことでギャンブルを止めません。

ギャンブル依存症は禁煙化程度では治らない病気だと思ってください。

禁煙化したからパチンコ店は終わった・・・のではなく、今後パチンコ店に新たな可能性が広がっただけだと思っています。

そして喫煙者でパチンコ依存症の皆さん!
本気でパチンコをやめるのなら今がチャンスです!

タバコを我慢してお金を使って、そんなストレスが溜まることはやめにしましょう。

高齢になってもパチンコ依存症だと悲惨な状態になります。
こちらの記事も併せてご覧ください。

【ギャンブル依存症の末路】 父親は末期のパチンコ依存症、高齢者のパチンコ依存症はこれだ

タイトルとURLをコピーしました