売却しづらい不動産の査定は「お困り不動産」のコンシェルジュサービスが便利

不動産査定

借金などで不動産の処理を行う場合は困るのは「売却しづらい不動産」です。
もちろん売却の予定はなくても、手続き上の理由で不動産の査定が必要な時も多々あります。
僕の場合も債務整理を行う場合でこの部分がかなり問題となりました。

今持っている不動産は売れるのだろうか?

どの程度の価値があるのだろうか?
査定表をもらいたい

でも!そんな悩みをお持ちの方も安心して査定や売却を依頼できる不動産サービスがあります。
それは「お困り不動産」のコンシェルジュサービスです。

スポンサーリンク

売却しづらい不動産とは?

売却しづらい不動産は色々ありますが、代表的な不動産をご説明します。

相続物件

相続した不動産は法定相続人の確定が必要となり、また相続税も発生します。相続税の支払いが困難となるケースもあるので独断で売却はしづらい物件です。

離婚で生じた物件

離婚の際の財産分与が一番の問題点となります。
名義人が誰なのか、抵当権の設定が為されているのか?また連帯保証人は誰なのか?なども確認ポイントとなります。

金銭的な事情での売却

様々な事由により金策が必要となる場合は確実にスピーディーに手間なく不動産を売却できるかが鍵となります。

資産整理の目的での売却

資産整理の目的に応じて、最適な売却時期や方法など専門的な対応が可能な不動産会社に依頼したほうが安心です。

他にも所有権の問題や借地権や事故物件、再構築不可な物件、共有部分に問題がある物件、空き家、裁判所による任意売却の物件などが売却しづらい不動産となります。
スポンサーリンク

売却しづらい物件でも一括査定できる理由

今回ご紹介する「お困り不動産」のコンシェルジュサービスは、 不動産売却をしたいユーザーと不動産会社をマッチングさせる一括査定サービスを行っています。

一般的な所有権の不動産に限らず、借地権底地再建築不可事故物件任意売却 空き家共有持分立退き物件などの【お困り不動産】といわれる、売却しづらい不動産にも着目し、 不動産会社とマッチングさせる今までの一括査定サイトには無い仕組みとなっています。

分かりや言えば「売却しづらい不動産専門のサービス」です。

スポンサーリンク

即現金化が可能な売却サービス

また「お困り不動産」のコンシェルジュサービスでは、不動産会社の登録は買取会社しか登録できない仕組みとなっており、 売却しづらい不動産でも即現金化が可能になっています。

買取りを目的とする不動産関連の会社が登録しているんで現金化がスピーディー

仲介より買取りがメインなのでそんな事ができるんだ

一般的な不動産売買は、仲介会社が買主を探して売却を行います。
そのために売却先が決まるまでに時間がかかります。

もちろん売り出し価格も売却先(買主)が決まるまでは低くなる傾向です。
おまけに囲い込みといわれる仲介会社特有の情報を他社に回さない(仲介手数料を折半しなければならない為)もあるので、売却したいと思っているユーザーにとってデメリットが少なからず存在します。

しかし今回の「お困り不動産」のコンシェルジュサービスでは不動産会社が直接買取を行う為、査定=買取金額となります。
お困り不動産どうするの査定依頼はこちら

不動産の一括査定サイトは多々ありますが、買取会社専門の一括査定サイトは「お困り不動産」のコンシェルジュサービスだけです。

スポンサーリンク

「お困り不動産」のコンシェルジュサービスのメリット

買い手が見つかるまでに時間がかかると困る・・・
仲介会社に依頼したが権利関係が複雑で断られた・・・
とにかく早く査定だけでもして欲しい・・・

そんな 【お困り不動産】をお持ちで、どこに売却や査定の相談をしたいのかを迷っている方は、「お困り不動産」のコンシェルジュサービスをぜひ利用してみてください。

もちろん査定は無料です!
「お困り不動産」のコンシェルジュサービスはこちらからご覧ください。


お困り不動産どうするの査定依頼はこちら

タイトルとURLをコピーしました