320万円も得するノウハウ!ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え方法

格安SIM

結論から言います!
楽天モバイル最強です!

僕は以前はソフトバンクのスマホを使用していましたが、使用料が月々8,000円程度かかっていました。
たかが8,000円ですが、実は通信費は毎月発生する固定費の中の一つです。
この月に8000円が2000円になるとしたらどう思いますか?
例えば今家賃50,000円の賃貸に住んでいるとして、それが毎月44,000円になるとしたらどう感じますか?

今回は、ソフトバンクから楽天モバイルに変更した場合はどの程度の節約になるのか?
変更する方法やお得なプランなどは?

ソフトバンクから激安SIM楽天モバイルに変えるだけで毎月数千円固定費が安くなるお得な内容についてブログにまとめました。

スポンサーリンク

スマホの通信料の内容を比較してみた!

まずはソフトバンクと楽天モバイルのサービス内容と料金の比較です。

今回はポケットワイハイなどを使わないと想定した場合の費用で考えてみます。

【ソフトバンク】月々のデーター使用料は7GB

「パケットし放題フラット for 4G」に入っているので、月に使えるのは7GBまでです。

そうなると月に8,000円近く費用が掛かる場合があります。

僕の場合はポケットワイハイを使っているのですが、それでも4,000円以上かかります。

なので同条件で使用すると・・・月に8,000円と考えるといいみたいです。

これに電話での通話料が入るともっと費用は掛かります。

【楽天モバイル】月々のデーター使用料は6GB

プランM(月に6GB)と5分かけ放題オプションを合わせると、月々の料金は2,480円と激安です。

楽天のサイトで下記の条件を入力しシミュレーションしましたが間違いはありません。

「シミュレーション条件」
・通話SIMのみ
・楽天会員割引
・3年継続割引

5分間かけ放題無料のオプションも入れて2,500円程度です。

(僕の場合は一番安いプランに加入し、割引もあり2,000円以下です)

もう・・・誰が見ても激安ですね。

スポンサーリンク

ソフトバンクと楽天モバイルを比較した結果

f:id:hennsaisurude:20180805135417j:plain

スマホの料金ですが、ソフトバンクと楽天ではほぼ同じようなサービス内容で・・・その差額は月に約5,500円

もし今、乗り換えして今後30年楽天モバイルを使う場合と、乗り換え変更せずにそのままソフトバンクを使う場合を比較すると・・・

その差はなんと320万円!(資産運用益含む)

資産運用しなくても198万円もお得です。

スポンサーリンク

楽天モバイルへの乗り換え方法

乗り換え方法はネットで色々出ていますが、ここは簡単に・・・本当に簡単に説明します。

いや・・・簡単な方法を紹介します。

(端末は同じものを使うと限定します)

1.公式楽天モバイルショップに電話して事前に説明を聞く

聞いておくのは店頭に伺う日や必要な物ですね。

基本的には以下のものが必要です。

・本人確認書類(免許証など)

・楽天会員IDとパスワード(会員じゃなくても契約可能、割引がないだけです)

・MNP番号(今の番号を使う場合)※店頭でしてくれます

・クレジットカードかデビットカード、もしくは口座引き落としのキャッシュカード

2.ソフトバンクでSIMフリーの手続きを行う

事前にソフトバンクに連絡しSIMをフリーにしておく必要があります。

こちらで確認をどうぞ↓

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

3.変更当日に楽天モバイルの窓口で変更してもらう

自分でネットを使いすべてする方法もありますが、色々調べてみると店頭でする方が便利かもしれません。

でもネットで予約するのも簡単なので、まずは公式サイトで色々と調べておくのが大事です。

ちなみに店頭の場合は即日契約となるのでその場でスマホが使えます。

また面倒なMNPもその場でしてくれますし、質問などもできるので多少の手数料がかかってもお勧めします

※手数料は事前に店舗に連絡して確認してください。

店頭に行く時間がなくて、ネットで申し込みする場合でも、わかりやすくサポートしてくれます。

どちらにせよ、まずは公式サイトでのお問い合わせをどうぞ!

 ☆こちらは楽天モバイルの公式サイトです☆

スポンサーリンク

一生使う通話料や保険などの固定費は見直そう

以前も格安SIMだけでなく保険などの見直しも本ブログでご紹介しました。

月々にすると数千円の固定費の見直しでも、これが30年も続くことになると数百万円も変わってきます。

この数百万円は老後の生活で大切な財産になりますし、なによりも固定費を安くしておけば後の支出自体も抑える事ができます。

保険と通話料の見直し!これは僕がお勧めする節約ポイントです。 

こちらの記事も併せてご覧ください。
大腸内視鏡で保険金が12万円もらえる!県民共済、都民共済加入者は忘れずに電話!

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました