【医療保険】お金がないから病院に行けない人こそ通院すべき3つの理由

お金を使わない生活

お金がないから病院にも行けないよ・・・お金があるからそんなこと言えるんだよ・・・そう思っていませんか?

それは正解です!
僕もそうでした!

財布に小銭しかないのに、病院なんかに行けるかよ!

こう思いますよね?
それ・・・正しいです、でもね大きな損もしています。

お金がないのに病院に行かないとダメなの?
そうです!お金がない人ほど病院に行きましょう!

今回は借金などでお金がない人ほど、どうにかしてでも病院に行くとお得な3つの理由をブログに書いてみます。

スポンサーリンク

理由1・実は保険金がもらえる病気が多い!

実はあなたが加入してる保険ですが、病気で保険金がもらえることが多いんです。

網膜剥離、痔、胃潰瘍、胃や大腸内視鏡のポリープ切除

他にもたくさんあります。

例えば治療での大腸ポリープの切除は保険会社によっては対象になります。

こちらの記事も参考にどうぞ!
大腸内視鏡で保険金が12万円もらえる!県民共済、都民共済加入者は忘れずに電話!

おまけに日帰りの手術は基本的に「一泊入院」という扱いが多いので、入院費も出ます!

スポンサーリンク

理由2・傷病手当金もある

それに病気で休職をしても「傷病手当金」が年金から支払われます。

全額ではないですが給料の6割~7割程度はもらえます。

働いていないのにもらえるんですよ!

年金は老後の年金だけじゃなく、こういう時にも利用できます。

ただしもらうには条件があります。

【傷病手当金をもらえる条件】
1.業務外の病気やケガの療養のための休業である
2.労務不能の状態である
3.連続する3日の待期期間を含み4日以上休んでいる
スポンサーリンク

理由3・お金より健康

借金で苦しんでる方、お金がなくて辛い思いをしてる方・・・お金が一番!だと思っていませんか?

実はそんなことありません。

健康が一番です!

お金なんて極論で言えば「法的整理」でなんとでもなります。

でもね健康だけはどうしようもありません。

借金より辛いのは病です・・・これは真実です。
今お金がなくて病院に行けない人・・・どうにかしてでもお金を作って病院に行きましょう!

スポンサーリンク

病院に行く前に通院コストを計算

お金があればいいですが、お金がない人はしっかりとコストを計算しましょう!

【通院コスト計算の流れ】
①あなたに可能性のある病をネットで検索
②その病が保険支払い対象かチェック
③対象であればそれを前提に病院選び(無駄な通院は省きましょう)

いざ病院に行く場合も、行く前にしっかりとコストを計算し、無駄なく効率的に通院する事が大事です。

実はそうすることで、内科に行くべきか?それとも消化器内科?外科?って迷う部分もなくなります。
気になる病院代ですが・・・これだけは仕方がありません。

幸せの必要経費です!

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました