【借金返済のコツ】借金返済を終わらせるコツは返済表を作ること

個人再生

借金で苦しんでる方や、そして借金があるけど今後どうすればいいかわからない方いませんか?

おそらくこのブログを読んでるのなら、何かお金のことで悩んだりしてると思います。
それとも急な支出などで今後、借金をする予定がある方。

返済失敗をした経験者が言います!

借金は返済することが大変です。
漠然とお金を借りると大変なことになりかねません!

ましてやすでに借金がある方なら、自分の借金を整理し見直す必要があります。

でも一体どうすればいい?

借金解決や借金苦労話・・・そういう・・・

説教臭いブログや架空のブログは見飽きた!

そんな方もいるかと思い、今回は・・・

借金の解決法を考えるときの返済表を作成しました。

どういう手順で自分の借金を見直すのか?そういった部分に焦点を当ててみました

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まずは基本!必ず返済表を作れ!

まず大切なことは返済表を目に見える形で作成することです。

f:id:hennsaisurude:20180920161018j:plain

↑これは返済表のサンプルです。

この返済表ですが・・・当たり前のようで、実は作ってなかったり、できていない人も多いと思います。

おそらく漠然と毎月10日は1万5千円返済、15日は7000円・・・そんな感じでの借金の管理じゃないでしょうか?

そもそも返済表がきちんと整理されている方は、借金も計画的に返済できてる方が多いです。
返済表は表にあるように「金利がいくら?」「毎月どの程度の元金返済?」
そういった部分を表にすることで、自分の借金を視覚的にとらえることが大事です。

返済表で特に大事なのは2点あります。

返済表作成のときに大事なポイント
1、金利部分だけでどの程度の金額を返済するのか?
2、借金がある程度終わり、自分のためにお金を使えるのがいつになるのか

個人的な意見としては、特に2の部分が大事だと思っています。
この自分にお金を使えるのがいつなのか?

この部分が返済表だと一目瞭然として分かります。

これが大事です。

スポンサーリンク

年間のイベント表を作れ!

返済表を作った後に必要となるのは年間イベント表です。

イベントと言うのは「毎月定期的にある支出」ではなく、年間で予想される「税金や保険など」の支払いです。

f:id:hennsaisurude:20180920162211j:plain

借金で頭がいっぱいの時は、先に訪れる予定のイベントの支出などは・・・正直な話ですが嫌になって見る気も起きません

そんなものまで書き込んで入れたら・・・とんでもない!生活なんてできないよ!

でも!そう思ったらすでに今後の返済生活は終わっています。
ここはまず無条件で思い当たるイベントをすべて書き込んでください。

でもここは心を無にして・・・必要とされる、例えば「車検や税金」そして「年払いの保険代」また「冠婚葬祭などの費用」など、予想されるものはここに書き込んでおくことが大事です。

なんでもイベントを入れると生活は無理・・・と思わずに、まず書き込むことがポイントです!

スポンサーリンク

その上で収支表を作れ

これは実際の「個人再生の家計簿」です。

これと同じような表をエクセルなどで作り、左には毎月の収入を書き込んでください。
そして毎月の生活費や小遣いや「返済表の総額」と「イベント表」の費用を右に書きこんでください

f:id:hennsaisurude:20180421155823j:plain

そうすると毎月の収支がハッキリとわかります!

月によってはお金が残る場合もあるし、逆にお金が足りない場合もあります。

これで自分の支出がしっかりと見えてきます。
いや自分の置かれている現実が見えてきます。

スポンサーリンク

年間の収支が赤字になる場合の対処は二つのみ

年間で見た場合どうしても赤字になる・・・まだ諦めてはダメです。

年間収支が赤字になる!その場合は二つの対処が必要です。

生活費などの節約で補えるか?

この不足する資金を穴埋めするために、節約ができる支出部分を徹底的にチェックしてください。

案外抑える事ができるのは固定費です。

ここでいう固定費

①スマホ代金
②生命保険や医療保険

この二つだけでもかなり節約できます。

そしてこの二つは節約をしても実生活にそこまで影響がない事がメリットです。

僕の場合はスマホ代金だけでもかなり節約できました。 

収入を増やせるか?

節約をしても足りない場合は、収入を増やすしかありません。

もしくは収入を増やす方法をすぐにでも考える必要があります。

収入を増やす方法は

①アルバイトなどの副業
②ネット収入などの副収入
③投資などでの収入

主にこの三つになると思います。

確実に増やすのなら①か②ですが、①の場合は「他人に雇用されての副業禁止」もあるので、その場合は②が一番良いと思います。

また③の投資も魅力的ですが、借金がある時の投資は・・・ほぼ失敗します!

なので個人的には借金中の投資は絶対にオススメしません。

人によっては投資で大成功される方もいるとは思いますが、お金がない時に正常な判断をするのは難しいです。

こんな極限状態なのに投資で成功する方は、そもそも借金なんてしていない方だと思います。

ちなみに副収入はA8ネットのセルフバックも効果的です。

デメリットは一度しかできない・・・という部分ですが、それでも一時的な収益効果は抜群です。

スポンサーリンク

実は大事な返済期間の設定!

年間の収支表を作って、節約や副収入で自分の返済スケジュールや家計簿を整理した方・・・次です!次が大事です!

ここで一番大事な作業があります。

僕の場合は・・・これが一番正直ショックでした。

それは返済期間です。

言い換えれば、いつから普通の生活ができるのか?

この部分です!

借金まみれの時は目先の返済に集中しがちですが、問題はその期間を本当に我慢ができるか?何年も耐えられるか?です。

あなたが40歳だとします。

返済期間がどう考えても6年はかかる・・・

6年間・・・友達が飲みに出てる時も我慢して、遊びに行くこともせずに、そして気がつくと46歳。

もう50歳が見える年齢です。

問題はそこから初めて貯蓄が可能になるということです。

友人はこの時期にすでに貯蓄があります。

でも必死に苦労して返済した先は・・・何もない、年だけ取った状態です。

この部分!しっかりと想像してください。

スポンサーリンク

最終確認をすることが大事

何度も言いますが、返済表や家計簿を作って確認してください。

ここで確認するのは二つです。

【最終確認は二つ】
①スムーズに返済ができる計画か?
②返済期間を耐えるだけの精神力はあるか?

①でどうにか行けるなら完済を目指せます。

でもポイントは②の部分です。

これに自信がなければ・・・おそらく再度借金をします。

僕はできませんでしたが、節約し返済をするのはそれだけ大変なことです。

①と②二つとも大丈夫なら完済を目指してがんばりましょう!

でも①と②の一つでも難しいのなら借金の法的な解決を考える必要があります。

いえ・・・すぐに考えてください!

スポンサーリンク

無理なら法的な借金解決の選択

結局これか?

そんなこと知ってるよ!自己破産でしょ?個人再生でしょ?

ネットを見れば「自己破産・個人再生」そんなフレーズばかりです。

もう聞き飽きたよ!

なので、そのように思う方も多いでしょう。

でもね・・・これは事実です。

借金問題を専門家に相談するのは大事です。

人生が変わると言っても過言ではありません。

いや!確実に変わります!

相談しても解決するわけじゃない!  ← 正解です

でも断言します・・・変わります。

この変わるって感覚を借金持ちなら絶対に体験してください。

スポンサーリンク

弁護士への無料相談を活用しないと損!

辛い日々や、未来が見えない状況・・・これが変わるチャンスが、目の前にあるのなら絶対にチャレンジすべきです。

専門家への相談・・・それも無料です!

Q 無料相談といってもお金がとられるのでは?

そんなことはありません

受任契約をして費用が発生しますし、相談前に有料か無料か確認してください。

Q 相談して何が変わるの?

口で言っても難しいですが、借金問題って案外自分で勝手に完結して結論を出してることが多いと思います。

専門家の淡々とした意見を聞くと、あれ?そんな感じでいいの?と気持ちが楽になります。

言い換えれば「借金解決の道」がハッキリ見えます。

Q 相談したら委任しなくちゃダメ?

そんなことありません。

相談はあくまでも相談なので、実際にどうするかは相談後にゆっくり考えてください。

Q 相談するとあれこれ聞かれるから・・・

当然必要なことは聞かれます。

でも「パチンコで負けて借金した」と言ったとしても怒られることはありません。

「そうなんですね・・・」と言った感じで淡々と進めます。

相手はプロです!

スポンサーリンク

相談前の準備は何がある?

弁護士の先生や専門家に相談するのは何かと抵抗があると思います。

何を話せばいいのだろう?

どう話せばいいのか?

コツは・・・分かりやすく隠さず話すことです。

自分では難しいと思っていた借金の問題が、案外どうでもいいことだったりします。

それと無駄に隠すことで相談が複雑になるので・・・

すべて隠さずに話しましょう!

あちらはプロです!

逆に困らせるつもりくらいで気にせずに相談してください。

【電話相談するときに必要な事】

①借金の件数(業者名は当然ですが、国庫からの借金があればしっかりと相談)

②借金の総額(おおよそでもOK)

③退職金があるかないか?(資産計算で必要)

④持ち家か?住宅ローンはあるか?(資産計算で必要)

⑤マイカーは何年ほど乗ってるか?(車検証参考)

⑥連帯保証人などになっているか?

⑦あなたの借金の連帯保証人はいるか?

(証書の確認、カードローンはほとんど保証人なし)

⑧あなたの年収

⑨月々の返済額

この程度あれば大丈夫でしょう!

ポイントとしては

①あなたの資産(預貯金や不動産や保険や退職金など)

②あなたの借金(総額や業者)

③あなたの収入(給与など)

財産と借金と収入があれば相談可能です!

個人的には「連帯保証人」はしっかりと把握したほうがいいです。

借金の整理で迷惑がかかるのは連帯保証人です。

このように借金や支出の現状を把握して、その上で大事なのは・・・債務整理後の未来図をある程度作ることです。

これによって、あなたが弁護士の先生へ相談するスタイルも変わってきます。

とにかく借金から逃れたい気持ちは理解できますが

一度しかないチャンスなので「借金問題解決後の将来図」を作ってください

ここも大事なポイントです。

そして弁護士の先生や専門家に相談の上で、借金解決の方法を考えてください。

僕も無料相談は複数の専門家に行いました。

二度訪問して無料の相談をした先生もいます。

何度も言いますが、相談無料なので、自分で無理な解決をしないで相談してください!

きっと何かが変わります!

スポンサーリンク

最後に借金を語ってみる

借金を終わらせる!

返済する!

そのために必要なことを今回はまとめてみました。

僕の場合は完済はできませんでした。

でも返済表をまとめ金利を見つめ、将来図まで考えた時に・・・そこには絶望しかありませんでした。

借金が解決するのなら何でもいい!

なんでもする!

そんな気持ちで毎日過ごしていました。

でも返済表や未来予想をした時に「崖っぷちを超えていた」ことに気がつきました。

あとは本当に運よく、そういったタイミングにも恵まれました。

その後はこのブログにあるように個人再生を選んで、今も減額した借金を返済中です。

そんな自分の経験を元に書いたブログですが・・・

借金で自分の人生を諦めないようにしてください!

自分の借金を整理し、そして専門家への相談!絶対に絶対に必要です。

いつも応援ありがとうございます。

借金でお悩みの方はこちらの記事も併せてお読みください。

弁護士費用の分割と債務整理に強い弁護士へ相談する二つのメリット

タイトルとURLをコピーしました