コロナウィルスの影響で借金返済に対する消費者金融業者の対応

コロナウィルス

コロナウィルスの感染拡大の影響で業務の縮小などによって収入が減るなど不安定な状態になっている方も多くいると思われます。

問題は借金がある方収入が減って返済は続ける必要がある事です。

でもこの状態で利用中の消費者金融はどのような対応をしてくれるのでしょうか?
代表的な消費者金融のコロナウィルスの対応についてまとめてみました。

コロナウィルスの感染拡大の影響によって、借金の返済でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

アコムのコロナウィルスへの対応

消費者金融のアコムはコロナ関連での専用窓口で、返済や新規利用での相談を受け付けています。

お客さま各位
今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受けたお客さまへ、心よりお見舞い申し上げます。
また、お仕事など、日常の生活に少なからず影響を受けているお客さまもいらっしゃるかと存じます。
当社では、ご利用、ご返済等に関するご相談を承っております。
お困りの点がございましたら以下のフリーコールまでお問い合わせください。
※混雑状況によりお電話が繋がりにくい場合がございます。ご了承ください。

お問い合わせ窓口 アコム総合カードローンデスク

スポンサーリンク

プロミスは無利息1年間で対応

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は、新型コロナ感染拡大の影響を受けた個人に対し10万円を上限に無利子で融資すると発表しました。

なんと1年間は無利息で10万円まで借りる事ができます。
また、その他にも審査における手続き緩和などを表明しています。

商品名応援融資
対象のお客さま新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、経済的損失などの被害を受けた方
必要資料本人確認書類
契約方法全国の当社店頭窓口(お客様サービスプラザ)、自動契約機または通信(郵送)
商品限度額10万円
貸付利率実質年率4.50% (ただし、貸付後1年間は無利息)
返済期間貸付後1年間は3ヶ月に1回の返済(末日)、1年経過後は毎月1回末日の返済
担保・保証不要

プロミスお問い合わせ窓口

スポンサーリンク

レイクALSAのコロナウィルスへの対応

レイクでもコロナウィルス専用の窓口を設けて相談を受け付けています。
返済が難しくて困っている場合は窓口へ相談してみましょう。

新生フィナンシャル(レイクALSA)では、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けたお客さまのお取引に関するご相談を承っております。
お困りの点やご不明な点がございましたら、ご遠慮なく下記お客さま専用フリーダイヤルまでお問合せください。

お問い合わせ窓口 お客様相談室(受付時間):月曜日~金曜日 9時30分~18時(土日祝、年末年始を除く)

スポンサーリンク

モビットとアイフルの対応

モビットとアイフルからはコロナでの特別な措置はありませんが、他の消費者金融と同じく利用客からの相談は受け付けている様子です。

SMBCモビット

モビットお問い合わせ窓口

アイフル

アイフルは相談だけではなく、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の措置で業務の縮小と、一部店舗の営業休止が発表されています。
アイフルお問い合わせ窓口 

スポンサーリンク

各種銀行の対応

消費者金融だけでなく一般の銀行でも、コロナウィルスで返済が苦しい方への対応をしています。
融資条件の変更や、実施済みの融資について6カ月程度は元本返済を据え置くなど、金利や返済期間の変更・猶予に応じています。
多くの銀行が「新型コロナウイルス感染症の影響による資金需要や返済条件の変更」という形で窓口で対応しているので、借金でお悩みの方はぜひご相談ください。

コロナ関連融資を受ける場合

政策金融公庫では新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を来している方で条件が合う対象企業に特別貸付を行っています。

新型コロナウィルス感染症特別貸付の対象企業
1.最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方
2.業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
(1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高
(2)令和元年12月の売上高
(3)令和元年10月から12月の平均売上高
こちらでも詳しく説明しているので併せてお読みください。コロナウィルスの緊急支援策でお金を借りる方法
スポンサーリンク

将来にわたって返済の可能性がない方

コロナウィルスで失業などをして、将来にわたって返済の可能性がない方は債務整理必要です。
債務整理は正当な理由があれば大きな障害もなくスムーズに進める事ができます。

いくら据え置きなどで返済の猶予をしてもらっても、今後も返済する目途が立たない場合はこの機会に弁護士へ相談するなりの対処が必要です。

コロナウィルスで借金返済できないなら、今こそ債務整理すべき

スポンサーリンク

コロナウィルスの影響と消費者金融の対応のまとめ

コロナウィルスの感染拡大の影響で業務の縮小や就業時間の短縮、最悪の場合は休業などで収入が減る方は多くいます。

しかし対策もなしに借金の返済をずるずると延滞すると大変なことにないります。
今はどの金融業者も前向きに対処してくれているので、返済が難しい場合は迷わずに相談しましょう!

タイトルとURLをコピーしました