収入激減!年収1000万円から極貧生活に落ちた現実を暴露します

人生が変わる

ネットニュースを調べていたら「年収1000万円の生活の現実」というニュース記事があったので、「年収1000万円って凄いな!」と思って他人事のように見ていました。
実際に他人事ですし・・・

でもよく考えると、自分自身にも年収1000万円の時期がありました。
そしてその後は転落してすべての財産を失い仕事も失い借金まみれになりました。
今回は過去の経験から、年収1000万円の生活の現実とそこから急降下で転落する時に何が起こるのか?について語りたいと思います。

生活レベルが年収1000万円から一気に極貧生活に落ちるとどうなるのか?
生活レベルの変化気持ちや考え方の変化は?
収入1000万円から借金850万円になるまでの生活レベルの変化はどうだったのか?

転落人生気になりませんか?
きっと参考になると思うので今から暴露します!

スポンサーリンク

年収1000万円の生活とは?

今は細々と借金返済の人生を送っていますがかなり前は年収1000万円の頃がありました。
年収1000万円だと月収は手取りで63万円程度だったと思います。
そう考えるとたいしたことがないかも?(でも良い時期でした・・・)

子供も家族もいて、頭金をどっかり支払ってマンションもローンで購入し、毎月60万円程度の手取りの月収があるので、妻には30万円ほどの食費と生活費を渡し、マンションのローンや家電などの購入費は残りのお金から出していました。

年収1000万円の生活費の内訳

食費と生活費だけで30万円というのは、今考えるてみるととても贅沢です。

30万円の生活費を出して、残ったお金が30万円程度で、そこからローンなどの支払いが月に5万円ほど、そしてその残りの15万円が貯蓄で、最後に残った10万円以上が自分の小遣いとなります。

貯蓄というのも特に決めた金額を積み立てをするわけでもなく、ただ口座に残るお金が決まって月に15万円ほどという感じでした。
いま考えるとこの頃からきちんと資産運用でもしていればよかったのかもしれません。

お金がある時こそしっかりと資産運用をしよう

この頃はギャンブルもしていなくて(まったく興味がありませんでした)、毎日仕事も忙しいのでお金を使う時間などはほとんどありません。

小遣いも財布に10万円入れているのですが次の給料日までほとんど現金が残ります。
車も社用車が使えたので、家族で多少の贅沢をしても本当にお金が残ります。

年に一度以上はいつでも家族で旅行も余裕で行けます。
自分の貯蓄がいくらとか、口座の残高がいくらとか・・・そんなことは心配もしなかったし、考える事もほとんどありませんでした。

なので老後の年金生活なども気になりません。
この頃は贅沢な・・・そんな生活が将来も永遠に続くと思っていたんです。

【年収1000万円の頃の生活】
1.老後の心配はなかった
2、今の生活が永遠に続くと思っていた
3.意識的に貯蓄はしなかった

借金がないからお金が残る

この頃は特に定期積金などはせずに、銀行口座にざっくりとお金を入れていました。
自宅のローンはありますが、もちろんそれ以外に借金なんてありません。

借金がなく、お金を使うところがないと勝手にお金は残ります。
年収1000万円って今は無理だけど、少し頑張れば手が届く気がする年収でもあります。

スポンサーリンク

年収が1000万円あると勘違いする事

年収が1000万円ありお金に困らない生活が続くと、知らぬ間に無意識に色々と勘違いをします。

まず貯蓄なんて誰でも簡単にできることと思ってしまいます。

貯蓄がない人が自分の目の前にいたら「なぜ貯金しないのだろう?」と、「パンがなければお菓子を食べればいいしゃない」というマリー・アントワネットのような、現実を知らない浅はかな考えをしていました。
でもこの頃はお金がない人の現状を理解できずに、貯金をしない人やお金に困る人を見ると不思議に感じていました。

そして最大の勘違いは、お金を稼ぐことは簡単だと勘違いします。
自分が仕事ができる人間!お金儲けができる人間!と思い込んでいたんですね。

この勘違いのせいで、後々勢いで起業して大失敗に繋がるわけですが・・・

【年収1000万円の頃に激しく勘違いしていたこと】
1.誰でも貯金くらいできると思っていた
2.お金なんてすぐに稼げると思っていた
スポンサーリンク

年収1000万円の生活から年収200万円に落ちる

お金に苦労しない、そんなゆとりのある生活を送っていた自分ですが、色んなできごとがあり会社を辞めて起業しようとすることで、一気に年収は200万円以下まで落ちます。

といっても年収200万円の会社に勤めたわけでなく、正確には年収1000万円以上を想定して起業したけど、後でふたを開ければ実際は年収200万円にも満たない生活だったという事です。

夫婦の収入を合わせて年収が200万円程度でしょうか?

貯蓄の減り方が早すぎる

年収1000万円の仕事を辞めて起業しますが、まず起業当初は年収が200万円程度に落ちるなんて思ってもいません。
なので「すぐに稼げるはず!」と思い込み、会社を辞めてもお金があった頃の生活は変わらず、貯蓄を切り崩して生活を続けます。

でも生活レベルが変わらないので貯蓄はどんどん減ります。
あれだけ減らない貯蓄も収入がなくなり減り始めると早いです、早すぎます。
お金ってこんなにすぐに減るの?そんな気持ちで口座の残高を見ていました。

一日数万円も稼げない現実

年収がそこそこあった頃は、それなりに仕事でも結果を出していたので「自分は仕事は何でもできる!」と勘違いしていました。

ところがいざ起業してみると・・・実際は実力もないし、人に騙されるし・・・一日数万円稼ぐことも難しい状況です。

起業すると自分でやることが多くて(会社勤めの頃は部下や他の部署がしてくれていた)、外に支払うお金だけはたくさん出てきます。
でもどれだけ自分一人で頑張って働いても収入はほとんどありません。

生活環境の変化に違和感を感じ始める

外に出ていくお金は多くて、毎月決まった収入がない・・・この時に初めて生活環境の変化の違和感を感じます。
あれだけ簡単だと思っていたお金儲けはかなり難しく、なかなか減らないと思っていたお金はどんどん減ります。

このように生活の違和感と先々の不安を感じますが、それでもこの頃は「なんとかなるだろ」という妙な根拠のない自信だけが残った状態でした。

本当に甘かったですね。
人生をなめていたし、自分の実力を買いかぶっていました。

スポンサーリンク

収入が減りお金が無くなると環境はどう変わるのか?

お金がどんどん減り、まったく収入がない現実に気が付くと、年収1000万円の頃に家族に渡していたお金の額も一気に減ります。

そうなるともちろん妻も働く必要があります。
このようにお金が減る現実に直面すると、自分を取り巻く環境が大きく変わります。

お金が無くなると知人が減る

よく芸能人が話すことで「お金が無くなると周りから人がいなくなる」と言いますが、お金が無くなるとまさしくそれと同じ現象を経験します。

会社勤めの頃に知り合った取引先や友人も、辞めた当初は連絡もくれてたり、仕事も手伝ってくれたりしますが・・・いつの間にか距離ができます。

こちらとしても連絡して話をする精神的な余裕も消えていきますが、距離感が空く事の寂しさを実感します。
いま考えてみると周囲の人も私に気を使って距離を置いていたかもしれません。

夫婦喧嘩がかなり増える

収入が減ると夫婦の会話の話題はいつもお金のことばかりになります。

妻としても子供の教育費や生活費が足りず。とにかくお金が必要なので、仕方がなくお金の話をしてくるとは思うのですが、私としても妻には「もっと節約して欲しい」気持ちもあり、お金の使い方などで口論が増えます。

妻も私も生活レベルの変化についていけなかったんですね。
収入の激減の変化だけじゃなく、生活費や支出の調整もできなかったんです。

これが、もとからお金がない生活をしていたのなら違ったのでしょう。
でも一気に年収が5分の1以下です。

自分だけじゃなく家族全員の生活も劇的に変わります。
いま考えると辛い思いをさせたんだな・・・と、申しわけない気持ちでいっぱいです。

この頃のことがあり後の離婚に繋がるわけです。
離婚についてはこちらで詳しくご説明しています。
離婚を考えてる男性必見!体験者が語る「離婚後の男の気持ちの変化」とは?

いまをどうにかしたい気持ちで借金をする

お金が無くなり収入が減ると、気持ちは重いけど借金をします。
今までは借金なんてないし、自宅もあるのでお金を借りるにも信用もあるわけなので、銀行からも簡単にお金も借りることができます。

そしてこれがきっかけとなり、借金をすることの抵抗がなくなります。
一度借金をすると二度目はもっと簡単に借金をするようになります。

返済できるのか?と具体的な計算なんてありません。
信じるのは「きっとなんとかなる(はず)」という、ただの運頼みというバカな状態です。

老齢年金の大切さを実感する

年収が1000万円あり未来もこのまま続くと思っていた頃には、老齢年金のことなんて考えたことがありませんでした。
でも手元にお金がなくなり、将来の収入の見通しがなくなると自分の老後の心配をします。
そして年金の大切さを実感します。

年収が減ることで環境の変化は?
1.周りから人がいなくなる
2.夫婦喧嘩が増える
3.借金をする
4.老後が気になる
スポンサーリンク

環境の変化に気持ちはついていくのか?

年収が一気に減り、その日の暮らしにも困るような環境の変化が起こると、自分の気持ちはついていくのでしょうか?
実際にどんな気持ちの変化などがあったのでしょうか?

お金がなくても見栄を張る

変化の一つは他人の前で見栄を張ることが増えることです。

年収が1000万円あった頃は、誰と食事に行くのにもお金は心配なかったけど、年収が一気に減るとちょっとした食事に行くお金も大変です。
でも昔は食事をおごっていた相手に「お金がないから割り勘でお願い・・・」と言うことができず見栄を張りおごったりします。

遊びに誘われても「お金がなくて行けない」のに「仕事が忙しくて無理なんだよ」なんて感じで、不必要に見栄を張ります。
素直に「仕事で失敗してお金がないんだ」なんて言えませんでした。

子供の顔を見ることができない

そして本当に悔いが残る変化の一つは、家族や子供を避けるようになったことです。

この頃は自分にお金がないので、色々とお金が必要なのに子供も気を使ってお金の話を避けようとしてくれます。
そしてお金のことを相談されたくない自分と、お金の話をしたくない子供、さらにお金がない現実が合わさって、子供との接触時間がかなり減ります。

いや減るというより子供や妻を避ける自分がいます。
お金がない惨めな父親でありたくないから子供の目を見て話すことができない・・・末期ですね。

父親の威厳は木っ端みじんに消え去る

家族を養う事も出来ず、家族と話すこともできず、仕事も中途半端になると結果的に父親の威厳なんてありません。

みじめでニートな中年男性がいるだけです。
たまにある休みの日はお金もないので家でごろごろするしかありません。
ただ情けなかったですね・・・

四六時中惨めな気持ちになる

この頃になると現実に叩きのめされて、毎日が惨めな気持ちの自分がいます。
お金儲けも簡単にできる!と思っていた頃の浅はかでバカな自分は消えて、人が嫌がる仕事でもなんでもしなければ・・・と現実を直視する自分がいます。

ほんの少し前までは部下もいてスーツで颯爽と仕事していたつもりなのに、今は小銭しかなくてお金に困り、今はどんな仕事でも選ばずにやるしかないという自分がいます。

でも、そんな自分の真の姿を他人には見られたくないという考えもあり、知らぬ間に心はボロボロに病みます。

このように収入や生活レベルと生活環境の変化に気持ちがまったくついていきません。

環境の変化についていけない事とは?
1.お金がなくても見栄を張る
2.妻や子供と話さなくなる
3.毎日惨めな気持ちになる
スポンサーリンク

お金がない生活を解決するためにお金を使う

収入が減り一気に生活レベルが下がり、家庭環境や自分を取り巻く環境は大きく変化します。
そしてお金がないのでコンビニへ行く事にも抵抗があるほど、惨めな生活は続きます

家族の生活費もあるので、もちろんこの状態を今後も続けることができません。
そして手を出したのが借金をして、そのお金を利用してさらにお金を増やす方法です。
それは投資とギャンブルです。

お金を増やしたくて投資とギャンブル開始

お金がない!だからお金を増やすために借金をして投資やギャンブルに手を出します。
お金がある人にこの気持ちは分からないと思います。

ギャンブルや投資に手を出すべきではない!ってことをお金がある人なら誰でも知っています。

お金がない人がなぜギャンブルをするのか?
それについてはこちらでも書いているので、ぜひ参考にしてください。
バイナリーオプションで勝つ3つの手法とバイナリー勝ち組がパチンコをしない理由の共通点

お金を稼ぐために行動した結果すべてを失った

借金をしてもお金を増やすんだ!
そして投資やギャンブルに手を出し、気が付くと850万円の借金ができあがりました。
返済が月に17万円です。

何とか新たな仕事には就くことができたのですが、借金の返済で生活費はありません。
お金を増やそうと借金をした結果、せっかく手に入れた安定した収入も借金で消えます。
そして・・・すべてを失いました。

その後の展開はこちらで書いているので、興味がある方はぜひご覧ください。
個人再生で借金の返済を考えてみた!【序章】

スポンサーリンク

年収1000万円から急降下した生活になった現実のまとめ

このように年収の激変と共に生活レベルの大変化を経験したわけですが、気が付いたときにはすべてを失っていました。
仕事も家もその頃の友人も家族もすべて失いました。

残ったのは借金と深い悲しみだけです。
そして借金の整理と共に社会的な信用も失いました。

ただ、一つだけ今までにないものが残っていました。
それはいつでも気楽に動けるフットワークと可能性です。

お金もない!何もない!だから思った時に動ける!
まさしくラファエルさんが言う「秒で動け!」が実践できます。

このように家族や財産を失ったので、自分には背負うものがなくなりました。
生活レベルは大きく変わりましたが、でも今の生活レベルに慣れるとこれが普通なんです。
自分の身の丈に合った生活をすることの大切さ!そして楽しさがあります。

そしてここからもう一度コツコツ頑張って、生活のレベルアップしていく事への挑戦をします。
今はその楽しさを実感しています。

生活レベルが落ちても!収入が減ってすべてを失っても!それを受け入れて前向きに行けばなんとなかったって、過去の自分を振り返ってみたお話でした。

もし同じような境遇の方がいらしたらぜひ参考にして、人生の選択で大きなミスをしないようにしてください。
いつもありがとうございます。

こちらの記事も併せてご覧ください。
離婚を考えてる男性必見!体験者が語る「離婚後の男の気持ちの変化」とは?

タイトルとURLをコピーしました