恐ろしい借金の取り立て!借金の男性を1週間連れ回して逮捕

借金ニュース

闇金ウシジマ君のような世界はほとんどないと思われたんですが、日本の国内においても外国神保場合はありうる話のようです。

借金のニュースによりますと、ベトナム人の貸し金グループが顧客のベトナム人男性に借金の返済を迫り、1週間にわたって車で連れ回して監禁したとして、警視庁に逮捕されました。

金を返せ!と一週間も連れまわしたわけです

日本の闇金業者のほうが優しい気もしますがどうなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ベトナム人の借金の取り立ての内容とは?

逮捕監禁などの疑いで逮捕されたのは、いずれもベトナム国籍の無職、グエン・テー・フン容疑者(30)と、チャン・コン・ブー容疑者(26)ら4人です。4人は去年11月、新宿区にあるベトナム国籍の男性(30)の自宅に侵入し、頭を殴るなどの暴行を加えて連れ出したうえ、埼玉県や群馬県のカラオケ店などで監禁した疑いが持たれています。

このニュースを読むと取り立ての手法はこうなります。

【取り立ての手法】
①家に押し入り拉致
②その上で殴るけるの暴行
③カラオケ店に監禁

警視庁の情報では、4人はベトナム人コミュニティの貸し金グループだったようです。
もちろん日本国内で貸金業の許可などないですよね。

結局は被害者のベトナム人の男性に対し、50万円程度のお金を貸していたようで、その50万円の返済も迫った上での犯行となりました。

日本の金融業者から借りる事ができなかったので、同じベトナム人の方にお金を借りたんでしょうね…怖いです。

じゃあ日本の業者にお金を借りたらどうなるのでしょうか?
怖い取り立てはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

日本では取り立てにもルールがある

日本の場合は最低限「電話連絡にはきちんと応じる」事をしていれば問題はありません。

取り立てで禁止されている行為があります。
これに違反するとお金を貸した側の金融会社が処罰を受けるのでチェックしておいてください。

【違反する取り立て行為】
①午前8時から午後9時以外の時間の取り立ては禁止
(正当な理由があればOK)きちんと電話などに出ていればOK
②自宅以外での取り立て禁止
(正当な理由があれば勤務先もある)
③貼り紙や大声で借金の事を言いまわることは禁止
④他で借りて返せと言うことは禁止
⑤親や兄弟に返済を迫ることは禁止
(ただし親が自主的に返済を肩代わりする場合はOK)

日本では取り立てもルールがあるので映画の世界のように酷い取り立ては正規の業者さんではありえません。

詳しくはこちらのブログでもご紹介しています。
合わせてご覧ください。
借金の取り立てにもルールがあるので知っておくべき

スポンサーリンク

お金に困っても闇金などは利用しない事

お金がなくて困っている方は、とにかく簡単にお金を借りられることを考えます。
僕も何度も闇金の事は考えました。
だって正規の業者はどこも貸してくれないんですから!

ただ正規の業者が貸してくれないという事は「すでに詰んでいる」ということも自覚してください。
認めたくないけどそれが事実なんです。

当ブログが借金で悩んでいる方の参考になれば幸いです。
いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました