【多重債務者になるまでのブログ】⑦人生の転落は超高速

多重債務者になるまで

前回までの内容では、パチンコとバイナリーオプションで借金も返済しつつ、手元にあるお金も増えてきた時期を書きました。

スポンサーリンク

人生の転落はあっという間にやってくる

勝てない時は勝てない・・・そこに理屈はありません。

もともと運のみで勝っていたので当然と言えば当然です。

あれだけ勝てていたパチンコもすっかり勝てなくなります。

勝てないので釘が悪くても無理して打ち・・・さらに負けます。

1日に10万円負けることも珍しくありません。

最高で1日13万円負けた日もありました・・・

バイナリーオプションも同じです。

今まで自分なりに守っていたルールも忘れるほど・・・周りが見えなくなりました。

負けるから無理して勝負する・・・そして負ける。

最悪のループです。

もうただの・・・依存症になっていました。

当然ですがこの頃は何をしても負けました。

そしてせっかく200万円から100万円まで減らした借金も元の200万円に戻ります・・・

増額申請で増やした借金の枠も、借りては返しての繰り返しが始まった時期でもあります。

スポンサーリンク

銀行からの借入枠の減額のお知らせ

ある日、郵便ポストに・・・銀行からの見慣れないハガキがありました。

そこに書かれたいたのは「借入枠の減額の案内」です。

これはどういう意味かと言うと「もう100万円までしか貸しませんよ!」ってことです。

なので200万円ある僕の場合は、借金が100万円以下になるまでは・・・

返済のためだけのカードになるわけです。

返済してももう借りることはできません・・・

100万円から200万円まで増額して、その次の増額は断られた銀行のローンカードですが、いきなり連絡もなしに減額の案内です。

そういう「一方的な枠の変更の仕組み」があるのを知らなかったので・・・驚きました。

同時に自分が一般的には、ほとんどブラックリストに入ってる?

安心して貸せない存在になってることにショックを受けました。

お金を借りられない恐怖・・・

そしてお金があれば勝てる!という記憶に刷り込まれた勘違い・・・

そして僕はとうとう消費者金融へ申し込みをしました。

スポンサーリンク

もう浮き上がるチャンスはなかった

消費者金融に申し込み・・・まさか自分が「無人くん」のようなところに、足を運ぶとは思いませんでした。

誰かに見られたらどうしよう・・・

そういうこともあり、できるだけ遠くの街の「無人自動契約機」まで行き手続きを行いました。

自動契約機に入ると無機質な空間です。

言われるままに身分証明を出したり・・・そして審査待ち・・・

お金を借りる事より、自分がすでに戻れない場所に来てるってことが情けなかったです。

そして審査が通ります・・・

また湯水にようにお金が使えます。

でも最初はこう思うんです。

少しだけ!

これ全部借りることはない!

そして・・・こう思うんです・・・

勝てば返せる!!

スポンサーリンク

もう戻れなくなっていた

お金が借りられない恐怖。

パチンコや投資ができない恐怖。

もう後がない恐怖。

その頃は仕事など手につきません。

一日でも早く稼ぐ!儲ける!お金を返す!

でも現実はまあくありません。

もうお金の使い方が普通ではありません。

1万円や2万円程度の損失は何とも思いません。

一日中・・・ギャンブルやFXや投資の事で頭がいっぱいです。

そして気がつけば・・・いつのまにか数社からの借金を作っていました。

その金額・・・800万円・・・

多重債務者の出来上がりです。

タイトルとURLをコピーしました