【ヤマト運輸仕分けのバイト体験談】深夜のセンターでの仕分けバイトはどんな感じ?

ヤマト運輸バイト

誰でもきっと一度は考えたことありますよね?

ヤマト運輸の仕分けのバイト!

バイトの評価を結論から言うと・・・

副業に無茶苦茶向いています!

さてさて話は戻りますが、ちょっとした時間を利用できる都合のいいバイトないかな?
簡単で体力だけあればできそうなの・・・

僕の過去の仕事歴の中で、友人に話しても興味持たれるのが
クロネコヤマトの仕分けのバイトです。

今回は「深夜のヤマトの仕分けのバイト」興味がある方に、少しでも参考になればと思ってブログに書きました。

きっと一度はどんな仕事か?と興味持たれた方も多いのでは?

ヤマトの仕分けのバイトを結論から言うと、総合的には「良いバイト」です。
ただし最初は、体力的には想像を絶するキツさがあります(でも慣れると平気)
今回は僕が実際にヤマトへバイトの申し込み電話をして、さらに面接をして、そして実際に働くようになった流れを書いてみます。
少しでも興味を持たれた方のお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

ヤマトの面接は丁寧親切

まずはヤマトへ面接の電話をしてからすべてが始まります。
求人誌を見て、ヤマトの求人係に電話をすると、その時点ですぐに面接日が決まります。
(電話後の展開が早いので電話の前に、前もって面接候補日は決めておくのがいいかも?)

電話ではあれこれと、不要なことは聞かれることはほとんどありません。

電話では面接時に履歴書や身分証明など、面接で当たり前に必要なものを用意するように説明があります。

 

 

面接後にすぐに働くわけではなく、面接当日は当然ですが面接のみです。

僕の場合はセンター(という荷物の集積場所、支社みたいな感じ)に行き、女性社員の方の面接を受けました。

面接ですが・・・驚くほど親切で好印象です!
本当に面接では難しいことは何もありません。

履歴書を用意して、勤務希望時間や諸条件の確認だけです。
まあ・・・面接で落ちることはないでしょう・・・安心してください!

ちなみに実際に働く時に必要となるヘルメットと安全靴は必須なので有償で配給されます。

安いけど・・・最初の給料から引かれます。

最初の出勤日にヘルメットと安全靴を渡されるので、最初の出勤日には、自分が元々履いていた靴を、事務所や倉庫のどこかに置く必要があります。
(後述しますが、手袋は自分で用意しておいてください、手袋がないと手が滑って何もできません)

 

そして、やっと面接終了!
最初の出勤日(シフト)も決まり、そして・・・いよいよ初出勤です。

スポンサーリンク

最初はビデオで講習

僕は深夜の23時から3時までの4時間の枠でバイトに入りました。

出勤日の初日ですが・・・
出勤時間の20分前に行くと、まずは座って業務の内容のビデオを見るように言われます。

スタッフの待合のような、ちょっとしたロビーのような場所で、おおよその業務が説明されているビデオを見ます(ここで朝礼などするようです)
そのうち、ロビーに、仕分けの仕事をしてるスタッフの方(先輩になりますね)が、ぞろぞろ集まって来て「朝礼?」のようなことが始まります。

ビデオを見ながら「気になる朝礼」を観察していると、簡単な注意事項みたいな説明を社員のリーダーみたいな方がしています。

その後、バイトスタッフは全員倉庫へ移動です。
大人数がぞろぞろ移動します。
さて・・・僕はその間もフロアに残り、引き続き業務の研修ビデオを見てます。

そしてビデオを見終わると、先ほどスタッフが移動した倉庫へ僕も移動するように言われます。(倉庫→集荷場)
そこ(倉庫)にいくと・・・驚きました!

とにかく音がうるさい!

機械の音や荷物の音がうるさくて、人の話がよく聞き取れないなかで、現場の責任者の方に紹介されました。
その現場責任者は、ほとんど業務の説明もなしで「ここで仕事して!」とだけ言ってきて、いきなり仕事はスタートです。

おまえは江戸っ子か?

まあ、人の出入りが多い職場なので仕方がないとしても・・・そういう部分は不親切かもしれません。
悪気はないのは分かるけど、ぶっきらぼうな感じでした。
こちらはやり方も何もわからない状態です。

 

ビデオだけでわかるもんかよ・・・

 

スポンサーリンク

驚きの灼熱の流し業務

なにこれ??そこは灼熱の工場みたいなイメージ!
ただひたすら荷物をコンベアに乗せてます!
この灼熱の体力仕事を「流し」と呼ぶそうです。

前に荷物が流れるコンベア、そして後ろに荷物の山、隣は他のバイトの人がいて逃げる場なんてありません。
そこで立ち尽くしてると先輩スタッフが隣に来て・・・

「これはここに流す」

「この番号は流したらダメ」

などと親切に説明してくれます・・・でも覚えられるわけがない(笑)

目の前に荷物が流れていくベルトコンベアが二つあり、荷物に振られた番号によって流す場所が違うようですが、わかんねえ・・・
とりあえず・・・流してたら、すぐに「それ違うよ!」と注意の声がかかります。

プレッシャー(汗)

慣れてくると、どこに何を流すかわかってきますが、それ以上に体力がキツイ・・・
あとで知りますが「流し」は、ヤマトの業務の中でもかなりきつい仕事のようです。

倉庫の向こう側に見えるメール便とか羨ましい・・・(女性が多いです)
さて1時間もしないのに、筋肉を使いすぎて手がぶるぶるしてきます。
軍手はしてるけど、ゴムいぼがない軍手なので滑ります。

なので余計にキツイ!
みなさん・・・もし働くなら、軍手はセンター内で売ってるゴム軍手にするべきです。

ゴムなし軍手じゃないと3倍疲れます。

 

 

普通のゴム軍手もいいのですが・・・すぐにゴムが使えなくなり無駄になると思います。

手が滑ると本当に疲れが倍加します。 

話は戻ります。

なんだかんだで 慣れてくると目の前の荷物を処理 → 他のスタッフが新たな荷物をコンテナごと持ってくる → それを処理、この繰り返しです。

とにかく・・・そして暑い・・・本当に暑くて扇風機があるのですが、すべてのポジションに扇風機の風があたるわけでもなく・・・
いまになって考えてみると、古参のスタッフは扇風機が良くあたるポジション知ってるので上手にそこに行きますね(笑)

さてさて・・・そのうちなぜか僕の担当の荷物で水が数十個も目の前に来ました。
荷物は大きなペットボトルです。
それも2リットル瓶が4個くらいが束になったやつ。

持ち上げて・・・ベルトコンベアーに置く
持ち上げて・・・ベルトコンベアーに置く

ひたすら繰り返すので・・・腰が砕けます。

そういうのを腰の高さくらいまで持ち上げてベルトコンベアに置くんですが、それが何個も何個もあるので、暑さと疲労で意識が遠くなります。

すかさず途中で水分補給必須です。

僕は夏場に行ったので暑かったせいもありますが、ペットボトル2本程度の水分はすぐに消えます。

夏場は絶対に絶対に水分は余裕持って用意してください!(ペットボトル3本は必要ですね)
とにかく初日目は、そんなこともわからず苦戦しました。

スポンサーリンク

休憩はあるの?

基本的に休憩はないです(笑)

まあトイレや、自分の持ち場での水分補給程度の休憩は、タイミング見て各自取ってますが決まった決まりはないです。
あと流す荷物が途切れたとき(滅多にないですが)少しその場で休めます。
といっても手を休める事ができる程度です。

ただし長い時間の勤務の方は、途中で1時間の中休憩がありました。
23時から5時まで勤務の方は、1時から3時まで休憩って感じでした。

スポンサーリンク

怒鳴られたり怒られたりするの?

イメージ的にはありそうですが・・・そこまで酷いことはありません。
ただ勝手がわからないのに「おい!早くしろよ!」とか言われたりするのはあります。

でもまあ・・・尾を引く感じではなくサッパリしてるので平気です。
結構、あっさり淡々としてるので人間関係は気持ちいい職場でもあります。

個人的にはここの人間関係は好きですね!

 

 

スポンサーリンク

バイトの時の必需品はなに?

【仕分けのバイトでの必需品!ないと苦しみます!】
軍手!(絶対にゴム付き)
飲料水(水分絶対)
タオル

あとは会社から支給される、安全靴(これは安いけど秀逸!普段でも使いたい)と、ヘルメット(バイトや準社員、社員などで色分けしてるようです)

ちなみに手袋は半端なく臭くなります。

手袋が死ぬほど臭くなるので注意!

僕は手袋の臭さに耐えられずにすぐに買い換えました。

 

スポンサーリンク

手荷物は持ち込めるの?

みんな持ち込んで足元に置いたりしています。
なので簡単なバックがあればいいかも?

手荷物と言っても水筒などの飲み物を入れておくだけのバックです。

あと貴重品は持たないほうがいいですね。
スマホや携帯も持ってても見る暇はないですし、そもそもスマホなんて見ていると怒られるかも?
※写真撮影なんかもってのほかです。

スポンサーリンク

仕事の終わり

さて仕事も終わり時間にさしかかると・・・次の時間帯のスタッフも来ます(途中休憩後のスタッフも再出勤です)

僕の場合は3時までなので、3時から勤務のスタッフが来てました。
仕事終わりもあと10分ほどとかになると・・・もう終わるので、今さら重いものは持ちたくない!的な感じで・・・

働いてるスタッフは楽な荷物を選びがちになります(笑)

慣れてくると、籠の中にたくさん荷物が入ってるのですが、どの荷物が重たいか?などはカゴを見てすぐに分かるようになります。

まあ勤務時間も終わるのでそれまでの時間調整ですね(-_-;)
といっても荷物を選ぶ選ぶ権利はそんなにありませんが。
で・・・バイトも終わり時間になると責任者が・・・手で上がっていいよ!と合図をくれます。

それを確認すると、とくに終了の挨拶もなく何も言わずに自然に仕事終了します!解放!
 ※残業などは厳しく管理してる様子です。

たまに事務所に「ご自由にどうぞ」と飴がおいてあったり、そういった部分はなんとなく嬉しい感じです。
スポンサーリンク

2か月目とかで慣れてくると

この仕事は基本的に3カ月で終了です。

3か月以上連続で勤務できないので、いったん仕事を辞めることになります。
仕事も2か月目になると職場に知り合いも増えて、なんとなく楽しくなります。

僕は食歴が事務職の経験が多いんですが、こういう体力系の仕事のほうが人間関係もあっさりとしてて楽しいです。

きつかった仕事も2か月目に入ると体が慣れてきます。
なんとなく、ていうか確実に筋肉ついてます(笑)ムキムキです!

腕なんかムキムキでカッコよくなります! 

あと、たまに職場に可愛い女性もいたりします。
でも当然話す機会はありません・・・

給料良ければ続けたい仕事かな?無理かな?
仕事の環境というかアッサリした雰囲気は好きです。
副業で働く人にはかなりいいかも?

スポンサーリンク

そして初給料

時給は時間帯や季節によって違ってきます。

まあでも・・・同じ深夜で時給だけ言うなら他にもいいバイトはあると思います。
週3くらいの勤務で5万ほどもらいました。

それでもここを選ぶのは人目を気にせずに働けるのと、時間帯が都合いい時かな?

スポンサーリンク

辞めるとき(契約終了)

先ほども話しましたが、僕の場合は3カ月契約でした。
(続けたくても1カ月は期間を空けて休む必要あり)

終わるときは別に挨拶もなく普段と同じく「お疲れ!」って感じです。

まあよく見ると、定期的に皆さん働いてるようなので、辞めるとか終わりとかの感覚は不要です。
逆に月替わりのシフトの時を見てると「久しぶり!」って感じもあります。

この辺の関係もあっさりして好きでした。

スポンサーリンク

ヤマトの仕分けのバイトの総合評価

個人的には80点!

人目を気にして働く方にはとても向いてると思います。
あとは人間関係が苦手な方にもかなりいいかもしれません。

【工場や倉庫でお仕事を探すならこちらが便利です!】

職場は女性も結構多いです。
半数近くが女性でした。

女性の場合は「流し」のようなきつい仕事ではなく、メール便やコンベアに流れてくる荷物を手で流す楽な仕事に優先配置されるみたいです。

僕の働いたところでは「女性は流し」をしていませんでした。
といっても、流しに比べると楽なんで贅沢は言えませんが、深夜のバイトなんで眠くて当然ってことを楽なポジションだと思い出します。

とにかく体を鍛えたいのなら・・・ここはオススメな職場です!
このブログはまた編集追記します!
↓ ↓ こちらのお仕事もおすすめです! 

ホテルの清掃の仕事の体験談!副業でしてみたい!気になる方必見!

いつも応援ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました