自由という解放感と将来の不安【個人再生計画スタート】24

個人再生の再生計画がスタート

当サイトは誰にも言えない800万円以上の借金を高金利で返済する地獄の日々を送り、個人再生で借金を解決する日々を書いた実体験ブログです。

再生計画での借金の支払いもあと11回です。

今までは借金の返済のことで頭がいっぱいだったりするのですが、今は個人再生でブラックリスト入りしたデメリットの中で、今後どのように生きていくのか?などを考えることが増えました。

親の介護
引っ越しや賃貸の問題
老後の資金
人生の楽しみ方

個人再生が始まった頃はわりと夢がありましたね。
あーやって生きていく!こうする!なんて感じで、ファンタジーな感じもありました。

その頃は借金解決でちょっとハイな状態ですね

ところが個人再生が始まり借金もできず返済だけの生活が続くと、いつのまにか借金で苦しむ前の普通の精神状態に戻っていきます。

そうなると現実的な問題や将来の問題が、がんがんとやってくるわけです。

すでに個人再生に着手してからは3年程度経過しています。
その頃はまさか、コロナウィルスなんてものが出てくるなんて思っていなかったし、オリンピックが延期なんて想像もしていません。
環境や情勢は変わり自分の心境も大きく変わります。

結論から言うとこの期間を通じて「現実的な自分の将来設計図」ができたってことです。

そしてその設計図は現実的なので「数億円貯める!」とかそんなこともなく、老後の資産をいくら貯めることができるのか?親の介護費用はどうなるのか?なんてことを含むので地味です。

まさか個人再生後にこんな地味な人生になるなんて思ってもいませんでした。
もっと華やかな人生になると思っていました。

といっても愚痴ではありません。
地味で現実的な設計図ができることで、今後どれだけ頑張ってもこれだけしか無理ってことも分かってきました。

そうなるとやることはハッキリします。

今のままだとここまでできる!
それ以上を望むなら今のままでは無理!

そんな感じに将来のことを色々考えるのは不安であり楽しみでもあります。
離婚もしたしあと1年で借金もなくなるので自由です!

老後の不安はあっても自由というこの解放感は素晴らしいものです。
あと少しで返済も終わり個人再生も終了します。

今しておくことを何度も何度も確認します。
いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました