コロナ終息後に始まる新しい生活で成功する3つの対策

コロナウィルス

新型コロナウィルスの感染拡大は、将来設計人生設計を考えることで、大きな影響を与えてくれました。
私たちは今までは当たり前のように考えていた出来事が、決して当たり前ではないという生活を実際に体験したことになります。

そんなコロナも終息に向かいつつあります。
しかし終息後に以前の生活に戻ることはありません!新しいスタイルの生活が始まります。

今回はそんなコロナ終息後に始まる新しい生活で、いち早く準備をしておき成功に近づくためのポイントをブログでまとめました。

スポンサーリンク

新しい生活で成功するための3つの対策とは?

コロナ終息後の世界は表面的には同じで内容は大きく変わります。
そのために今からしておくことをしっかりと把握しておけば成功に繋がります。

【新しい生活に合わせた今しておく対策】
1.3つの袋でお金の管理方法を変える
2.仕事がなくなっても収入を得る手段を確保しておく
3.医療保険を見直す
コロナウィルス収束後の新しい生活のためにお金の管理を変える

コロナウィルスによって一番不安になったことは収入が途切れることです。
コロナウィルスの終息に合わせて、将来のためにご自身の収入や資産の面の見直しが必要となります。

スポンサーリンク

お金を管理するには三つの袋が大切

お金を増やすためには、まずは3つの袋をイメージしてみてください。
ここで説明する「袋」とは銀行口座のことです。

銀行口座を「使う」「貯める」「増やす」に分類して管理するということが、3つの袋という意味です。

3つの袋とは?
1.使うための袋(銀行口座)
2.貯めるための袋(銀行口座)
3.増やすための袋(投資用口座)

おそらく多くの方が一つの銀行口座で管理をしていると思います。
一つの口座で管理するとお金の出入りがわかり一見便利ですが、あくまでもそれはお金が沢山ある方か、それともお金をきちんと管理できる人の話です。

やはりお金が出入りする口座が同じだと、お金を貯めるにはかなり効率が悪いと言えます。
その理由はお金も目的別に貯める必要があるからです。
ここでは「使う」「貯める」「増やす」の3つの袋についてご説明します。

使うための袋としての銀行口座とは?

「使う袋」で使用する銀行口座は、キャッシュレス対応のデビットカードなどが利用できる口座が便利です。
デビットカードの場合は口座の残高内での利用となるので、不必要に使用される不安はありません。
また最近ではポイントが貯まるデビットカードもあるので、普段使い用の口座を作っておくとかなりお得です。

この使うための袋には、最低でも手取り月収1.5カ月分はおいておきましょう。
3カ月ほど1.5カ月分を超える状況が続いたら、次の「貯める袋」にうつします。
ここで便利な口座は「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」ですね。

使う袋のポイント
1.普段使いなのでクレジットやデビットカードなどで使える口座であることが大事
2.キャッシュレス決済でポイントが付与される口座にしよう
3.使う袋には月収の1.5か月分を入れておこう

貯める袋の銀行口座とは

「貯める袋」とは今後3年間で発生すると思われる資金を貯める口座です。
貯める袋においておきたいのは、最低でも手取り月収の6カ月分とされています。
ただし、自宅の頭金や車の購入や入学金などは別途貯めておく必要があります。

イメージとしては、ゆうちょなどが貯める口座に便利ですね。

貯める袋のポイント
1.将来3年間で発生すると思う資金を貯める
2.最低でも月収の6か月分

増やすための袋は投資用の口座

時間はかかりますが「使う」と「貯める」の袋に、合わせて7.5カ月分のお金ができあがったら、やっと「増やす袋」を作るようにしましょう。

増やす袋とは投資用の口座です。
中には「使う」から「増やす」にいきなりジャンプする方もいますが、それは少しリスクが高いのでコロナウィルス後に固く資産を作る場合は避けたほうが良さそうです。

スポンサーリンク

新しい就業スタイルに合わせ副業での収入を確保

コロナウィルスの感染拡大の影響で、自宅での在宅ワークなど新しい就業スタイルが話題になりました。
今後は日本でも自宅でも仕事ができるテレワークが主体になりそうです。

またコロナウィルスの影響で、いきなり仕事がなくなり収入が途絶える不安も今回新たな経験となりました。

そうなると本業以外でも収入を確保する必要が出てきます。

在宅ワークに対応して副業収入も確保することでの共通点は「クラウドワーキング」を始める事です。

【新しい就業スタイルと副業収入の共通点】
1.自宅でできるクラウドワークスを利用
2.ネット収入を確保する

クラウドワーキングとは?

クラウドワーキングは、企業が個人が業務の一部を外部委託するもので、それをフリーの各専門分野の受注者(ワーカー)が、在宅業務請負するワーキングスタイルのことをいいます。

業務を請け負うという言葉でハードルが高く感じますが、実際の内容はアンケートへの参加から始まり、読んだマンガや本の感想、映画の感想など簡単な業務を多くあります。

小さな案件を好きな時にできるのがクラウドワーキングの特徴ですが、こつこつと仕事をこなしていると企業などから直接依頼案件が届くこともよくあります。

クラウドワーキングはどうやって始めるの?

クラウドワークスを始めるときに最初にすべきことはクラウドワーキングの仲介業者へ登録をする事です。

そこへ登録しておくと、クラウドワーキングの業者のサイトを見て、その中から好きな仕事を選ぶことができます。
そして受注し報酬を受ける面倒な業務も仲介業者が全てしてくれます。

あなたが仕事するだけであなたの口座へ報酬が振り込まれます。

そんなクラウドワーキングを専門に行っているのは、テレビのCMでも有名なクラウドワークスがあります。
ご自身の情報を登録をしておくだけで、あとは好きな時にログインすれば、クラウドワークスのサイトの中に多数の仕事の中から、自分でもできそうな仕事選ぶだけで、いつでもどこでも仕事を始める事ができます。

ご興味がある方は早めにご登録だけでも済ませておくことをおすすめします。
クラウドワークスはこちらの公式サイトからどうぞ!

【クラウドワークスに登録しておくことのメリット】
1.早めに登録しておき簡単なアンケートなどをして評価ポイント上げておく
2.評価が高ければ高額案件を見る事ができる
3.プロフィールを見て企業からの直接連絡もある
スポンサーリンク

働けなくなったときのための保健である医療保険を見直す

コロナウィルスの感染拡大で恐怖を感じたのは、どんな健康な方でもいつ?何が?あるか分からないという現実でした。
特に病気で長期の入院などになった場合に一番に困るのは収入であり入院費や治療費です。
幸いなことに、新型コロナウイルス感染症などの病気は、都道府県民共済による共済金の対象となりました。
まだ医療保険に加入していない方は、ぜひ医療保険の加入を検討しましょう!
こちらの記事も併せてご覧ください。
大腸内視鏡で保険金が12万円もらえる!県民共済、都民共済加入者は忘れずに電話!
医療保険に加入し、働けずに収入がなくなる不安と、入院治療費に対処しよう
スポンサーリンク

コロナ終息後に始まる新しい生活で成功するためには!

2020年、コロナウィルスの感染拡大という新たな恐怖に直面した我々ですが、この体験を忘れずに今後始まる新しい生活に合わせて人生設計などを作り直す必要があります。
そのためには、①資金の管理、②収入の確保、③保険の見直し
この3つが大切なポイントとなりました。
これからまだ長い戦いが始まります!
ぜひ一緒に新しい生活を見直しましょう。
タイトルとURLをコピーしました