ブラックリストで問題ある人の保証人不要の賃貸物件探しは苦労する

個人再生

いまご存知のように800万円以上あった借金を個人再生で解決している最中なんですが、個人再生などの債務整理をするとブラックリストに入るわけです。

信用情報に問題あり!って状態です。

借金で苦しんでいた頃は、自分の借金がなくなることが何よりも重要なので「解決後の生活」はそこまで心配していませんでした。
もちろんブラックリストに入ることは知っていたけど

どうせ借金なんて二度としないから別に構わないさ!

なんて考えでしたがそれは大きな間違えでした!
それは賃貸住宅の契約時に苦労することです。

最近は賃貸住宅の契約するときは「保証会社」に入ることが多くあります。
保証人不要の場合は「保証会社に入ることが」必須となるでしょう。
この保証会社ですがその内容は大きく4つに分かれます。

その中の一つが信販系の保証会社です。

もうお分かりだと思いますが、信販系の保証会社で賃貸契約をしようにも
ブラックリストの入っているから無理です!

信販系の保証会社はCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などの過去の履歴を取り寄せます。
個人再生したり債務整理をしたら信用情報が戻るまでは無理です。

信用情報がいつ戻るか?
気になる方はこちらも参考にしてください。
個人再生者のクレジットカードが再び使えるまでの正確な期間は?

信販系保証会社のチェック項目には、債務整理以外にも「公共料金の滞納や犯罪逮捕歴」もあります。
厳しいですね・・・

その上で保証人不要で賃貸物件を探すので苦労するわけです。

結論から言うと抜け道はあります。
それは信販系以外の保証会社を利用することですが、保証人がいなくて保証会社も限られると、好条件の賃貸物件は探すのにかなり手間がかかります。

家はどうにか借りられるけど苦労する!

未来は詰んでいますね・・・まあ借金を整理した罰ですね。

こちらでも詳しく書いているので併せてご覧ください。
【自己破産や個人再生後の苦労】ブラックリスト入りで辛いのはクレジットカードより賃貸契約

タイトルとURLをコピーしました