キャッシングとカードローンは違い「10秒でわかる」初めてのキャッシング

借金

ここ最近は個人再生の手続き中ということもあり、ほとんどやることがない日が続いています。

最近は「借金ネタ」でのブログ更新を色々と考えてるのですが

「初めてキャッシング」を考えてる方がいるのなら、その方法と危険性をブログにしておくのも良いかな?と思い今回はブログでまとめてみました。

「面倒な説明はいらない!とにかくすぐ読みたい!」って方はブログの一番下まで飛ぶと10秒で読めます。

スポンサーリンク

キャッシングとカードローンは違う

本来キャッシングは一括返済、そしてカードローンは分割返済という意味です。

元々は皆さんがお持ちの「JCB」や「VISA」などのクレジットカーを利用して、一括返済で借り入れるのが「キャッシング」でした。

でも最近はローンカード(銀行や消費者金融の枠内なら何度でも返済)が出てきました。

そちらは本当はカードローンという言葉で分けていたんですが、最近ではどちらも一緒になって・・・

カードでお金を借りる=キャッシング

こう呼ぶようになったようです。

なので今でも名残はあります。

例えばJCBカードの場合は、クレジットカードで借りるときは「カードローン」と「キャッシング」のどちらかを選べるようになってたりします。

一括で返済するつもりならキャッシング!

分割ならカードローン!

このように覚えておくと便利です。

ちなみに僕は最初の頃それを知らなくて・・・キャッシングで借りて翌月一括返済になった苦い経験があります。

今ではカードローンもキャッシングもまとめて「キャッシング」と呼ぶのが主流ですが、皆さんも気を付けてください。

※本ブログではこれ以降は便宜上「キャッシング」と呼びます。

スポンサーリンク

限度額には気をけて

クレジットカードには限度額があります。

例えば限度額100万円!てな感じでなってるので・・・てっきり100万円キャッシングできると勘違いする方もいますが、それは間違いです!

その100万円の内訳があります。

それはショッピング枠とキャッシング枠です。

例えば

ショッピング枠が80万円。

キャッシング枠が50万円。

限度額が100万円となってるのなら・・・

ショッピング枠で80万円使うと、自然とキャッシング枠は20万円しか残りません!

あくまでもトータルの限度額が100万円です。

この点・・・気を付けてください。

スポンサーリンク

恐怖の限度額変更

これは経験者ならわかることですが、ある日いきなり限度額変更の通知があったりします。

通知がない場合もあるかも?

例えばキャッシング枠が50万円あったとします。

もう45万円使っていて、あと5万円の枠が残ってるとします。

その5万円を借りて返済に回す計画だったとしましょう(自転車状態)

ある日・・・限度額が30万円に減額になったりします!

こうなると当然「予定していた5万円を借りて返済」がきでなくなります。

おまけに今すでに45万円を借りてるから・・・これが30万円以下に減るまでは借りる枠がない事になります。

僕は数回経験しました・・・これはかなり恐怖です!

2回とも・・・4月に起きました!

おそらく3月で一度与信を見てるのでしょうか。

『回避方法はあるのか??』

あくまでも金融機関やカード会社の判断なので、これといった回避方法はないです!

ただ気を付けて欲しいのは「何度も借り入れしてる」「最近キャッシングの申し込みをした」「カードをたくさん作った」こういう場合は危険です。

おおまかなセーフテーラインは「年収のどの程度まで借り入れ枠があるのか?」を普段から調べておくことです。

例えばいま手持ちのすべてのカードなどのキャッシング枠が「200万円」であなたの年収が600万円ならギリギリセーフの可能性です。

というか普通だと枠はもうありません。

簡単に言えば自分の年収の3分の1までが借り入れできる枠だと思ってください。

その中であれば・・・と思いますが、あくまでも金融機関の判断なのでなんともいえません。

スポンサーリンク

初めてのキャッシングを10秒でまとめ!

10秒で説明します!

①一括返済じゃないのならカードローンを選ぶこと!

※キャッシングとカードローンに分かれてるとき限定

②限度額は内訳があるので注意せよ!

10秒説明は以上です。

『注意◆注意◆注意』 

あなたが初めてのキャッシングで悩んでるのなら・・・とにかくカードを使うのは待ってください!

一回だけ・・・で終わるような生易しい物ではありません。

半端なく大きいです。

そしてその気軽に借りる癖・・・もう治らなくなります。

どうしてもお金が必要なら、その理由を明確にして「銀行の目的別ローン」を利用するのが賢明です。

金利もお安いですし、口座引き落としですし、今後も「返済のみ」です。

この「返済のみ」ってのは大きい意味があります。

「借りる行動」がないので「借りることに慣れたり」しません。

もう一度言わせてください、カードで気軽に借金すると、高確率でこのようになります。

と色々書きましたが、簡単にお金を借りられるカードローン(キャッシング)ですが、恐ろしさを知ってるから大丈夫!となっていても・・・本当に避けたほうがいい、いや避けてください。

きっと他に解決策はあるはずです。

「今だからできる解決策」をしっかり検討して優先してみてください。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました